『どうする家康』第35話 “石田三成”初登場! 家康と仲良く語る姿にネット驚き「これは関ヶ原やらないのでは?」

9月17日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第35話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。9月17日に放送された第35話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

前回(第34話)のあらすじはコチラ

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第35話のあらすじ

秀吉(ムロツヨシ)の母・仲(高畑淳子)が、家康(松本潤)の上洛と引き換えに人質として岡崎へやって来ます。仲は見目麗しい井伊直政(板垣李光人)を気に入った様子。一方、大阪へ着いた家康と家臣たちを、秀吉は妻・寧々(和久井映見)や弟の秀長(佐藤隆太)に接待させます。

秀吉に対し、「もう陣羽織は着させない。戦なき世を作ろう」と語る家康。秀吉はそのくだりを気に入り、諸大名の前でも一芝居打つように依頼。しかたなく秀吉につき合う家康。秀吉から北条・真田の手綱を握る役目を任された家康は、大阪を出立する前夜、豊臣一の切れ者と名高い石田三成(中村七之助)と出会います。

夜空を観察していた三成から星座の話を聞き興味を示した家康。2人で楽しそうに語らう姿を見た徳川家臣団は、「本来、殿はこういう話をして過ごすのが好きなお人だ」と、戦なき平穏な世へ続く未来を祈るのでした。

一方、お役御免で大阪へ戻ってよいと言われた仲は、帰りたくないと言い出します。仲は、好きなように外にも出られず都合よく人質に使われる人生が果たして「幸せ」なのかと疑問を抱いていました。秀吉のあくなき欲望に恐ろしさを感じ、とんでもない化け物を産んでしまったのではないかと仲。

家康は新たに駿府城を築城し、住み慣れた浜松城から引っ越すことに。そんな中、真田昌幸(佐藤浩市)・信幸(吉村界人)がついに家康の元へ参じます。しかし、真田は自ら切り取った沼田の地を北条へは明け渡さないと断言。さらには、領地を渡す条件として徳川の姫がほしいと言い出して――。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

石田三成が初登場!家康と仲良く語らう姿が話題に

戦なき世を望む家康に対し、裏では「戦はなくならない」と海外侵攻をも視野に入れている秀吉の果てなき欲望が描かれ、ムロツヨシさんの怪演がまた光りました。今後は2人の駆け引きが楽しみな展開に。

X(旧Twitter)では、天下分け目の大戦「関ヶ原の戦い」で西軍を率いる石田三成の初登場が話題に。「中村七之助さんの石田三成、とっても爽やかで可愛かった」「えっ、家康と三成めっちゃ良い雰囲気じゃん!二人とも目ぇキラキラしてるじゃん!これは今年関ヶ原やらないのではっ!?」「博学そうな二人が仲良く星座のお話をしているシーン素敵。これからどのような経緯で相対するのか?楽しみ」などのコメントが寄せられています。

第36話は「於愛日記」。真田から北条に領地を渡す代わりに徳川の姫がほしいと言われた家康は、本多忠勝(山田裕貴)の娘・稲(鳴海唯)を養女にして嫁がせようとするも父娘ともに猛反対。そんな中、ひょんなことから忠勝と鳥居元忠(音尾琢真)が一触即発の危機に⁉ 於愛(広瀬アリス)が元忠に話を聞くと意外な事実が見えてきて――。時に強く時に優しく家康を支える於愛の心の内も垣間見られるのか、期待です。

『どうする家康』あらすじバックナンバー

第34話
第33話
第32話
第31話
第30話
第29話
第28話
第27話
第26話
第25話
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」