『どうする家康』第39話 家康vs秀吉最後の対峙シーンに感動 「認め合ってたんだな」「まさしくな死に際」

10月15日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第39話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。10月15日放送の第39話では、ムロツヨシさん演じる秀吉がついに最期を迎えました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

前回(第38話)のあらすじはコチラ

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第39話のあらすじ

茶々(北川景子)との間に拾(後の秀頼)が生まれた秀吉は、明国との和睦を決定。しかし石田三成(中村七之助)らが結んだ和睦が嘘だと知るや、秀吉は挑戦への出兵を宣言。策は頭の中に無限にあると言ってはばからない秀吉は、家康(松本潤)の制止も聞かず、再び誰も望まぬ戦が始まります。

そんな中、病に倒れた秀吉は遺言を作るため三成に相談。幼い秀頼に代わる天下人は誰かと問われた三成は、天下人は不要、豊臣家への忠義と知恵ある者たちが合議するのがよいと提言。秀吉は、「望みはひとえに世の安寧、民の幸せ」と言い、三成にやってみよと告げます。三成は家康と前田利家(宅麻伸)に伝え、2人に協力を仰ぎます。

一方、病状が悪化した秀吉に呼ばれ見舞いに訪れた家康は、秀吉から「世の安寧も民の幸せもどうでもええ、秀頼が幸せならそれでええ」という本音とともに秀頼のことを頼まれます。話し合いでうまくいくほど今のこの世の中は甘くないと秀吉。死ぬ前に戦の後始末は天下人として果たせと詰め寄る家康。咳き込んで死んだふりをした秀吉に、「猿芝居か!大嫌いじゃ!」と吐き捨てると、秀吉は「わしはおめえさんが好きだった」と返します。

信長が自身の後を継ぐのは家康だと思っていたと思うと語る秀吉に、「天下を引き継いだのはそなたであろう。まことに見事であった」と家康。「すまんのう。うまくやりなされや」と存外優しい声で語る秀吉に、家康は「二度と戦乱の世には戻さん。後は任せよ」と告げました。一方、茶々は秀吉に「秀頼はあなたの子だとお思い?」と問い首を横に振ると、「秀頼はこの私の子。天下は渡さん。後は私に任せよ、猿」と宣言。そんな茶々の腕の中で、秀吉は息を引き取るのでした。

家康は息子・秀忠(森崎ウィン)を伴って京で隠居していた酒井忠次(大森南朋)を訪ねた際に聞いた、忠次の願いを反すう。天下人など嫌われるばかり、信長にも秀吉にもできなかったことが自分にできるのかという家康の問いに、忠次は「殿だから、できるのでござる。戦が嫌いな殿だからこそ。嫌われなされ。天下を取りなされ」と遺してその生涯を閉じたのでした。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

好敵手・秀吉からバトンが渡され、家康いよいよ天下人へ

太閤・秀吉の最期が描かれた第39話では、徳川家臣団を時に厳しく時に優しく導いてきた重臣・酒井忠次も生涯を閉じ、天下人・家康の誕生に後押しをする展開となりました。

X(旧Twitter)では、「忠次~!(涙) 最期の最期まで殿の忠臣だったんだね」「老いぼれちゃった酒井忠次とトヨがえびすくいの時にはシャキッとしてキレキレに踊るの素敵!」「今日のえびすくい、とても楽しそうで何だか涙が出た」「秀吉が家康のこと好きだったのなんとなく描かれていたよね。やっぱり認めていたし好きだったんだな」「家康の『大嫌いじゃ!』は、言葉とは裏にそれまで殿下秀吉に向けた言葉の数々よりずっと親密な者へ向けた言葉としての響きを孕んでいて。松本潤殿の表現力に改めて惚れた」「信長には『さらば』、秀吉には『くたばる』。“死”に対してあまりに差がある表現だけど、まさしくといえる死に際」などのコメントが寄せられています。

第40話は「天下人家康」。秀吉が死去し国内に動揺が走る中、三成と共に朝鮮出兵の後始末に追われる家康。家康は五大老たちと政治を行おうとするも、自国に引き上げる者が相次ぎ、前田利家も病に倒れ――。諸国大名らから頼られる中、やがて政治の中心を担うようになった家康に対し、野心ありとみた三成は警戒心を強め両者は対立を深めていき――。いよいよ天下人に王手。天下分け目の関ヶ原の戦まで、家康の心中や言動がどう描かれていくのか注目です。

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

第38話
第37話
第36話
第35話
第34話
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」