『どうする家康』第42話 忠臣・鳥居元忠と千代の最期に「なんて切ない」と涙。舞台は関ヶ原の戦いへ

11月5日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第42話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。11月5日に放送された第42話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。


前回(第41話)のあらすじはコチラ
 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

第42話のあらすじ

上杉討伐に向かう家康(松本潤)のもとに届いた、石田三成(中村七之助)挙兵の知らせ。西国大名の多くが三成につく中、家康は小山で軍議を開くと、三成を討ち戦なき世を作るべく西へ戻ると宣言します。

井伊直政(板垣李光人)らを先に西へ向かわせ、三男・秀忠(森崎ウィン)、本多正信(松山ケンイチ)、榊原康政(杉野遥亮)に真田昌幸(佐藤浩市)攻略を任せると、上杉討伐には平岩親吉(岡部大)らを送り、家康自身は戦に備え江戸へ。一方、鳥居元忠(音尾琢真)が妻・千代(古川琴音)とともに守る伏見城には三成の大軍が襲来。

元忠は最後まで戦い抜くも討ち死に。伏見城陥落の知らせは家康のもとにも届きます。直ちに仇を取りに向かおうといきり立つ渡辺守綱(木村昴)に落ち着くよう告げる家康。本多忠勝(山田裕貴)もまた、怒りと悲しみをかみ締めながら、家康に諸大名へ送る書状を一通でも多く書くように進言します。

その頃、三成もまた諸大名へ家康糾弾の書状を送り続けており、数百通が飛び交う熾烈な調略戦が行われていました。味方を多くつけられた方が勝つであろう天下を分ける大戦の様相となる中、徳川先陣の福島正則(深水元基)が岐阜を落とし、直政、忠勝が合流すると、家康は秀忠を呼び戻し西へ。

しかし、真田討伐に手こずっていた秀忠への知らせが遅れ、徳川主陣が合流できない状態に。真田の狙いは秀忠らを足止めすることでした。そんな中、三成の狙いが関ケ原に家康を誘い出すことだとにらんだ家康は、その手に乗ってみるかと考え——。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

「殿、お別れだわ」——忠臣・元忠の最期に涙

伏見城で最期の時を迎えた元忠と千代。撃たれた千代が元忠の肩を借りて最後まで夫婦で戦い死んでいく姿にはこみ上げるものがありました。また、真田に嫁入りした本田忠勝の娘・稲(鳴海唯)や、男勝りな家康の側室・阿茶(松本若菜)がそれぞれの立場で戦う姿も描かれ、戦の最中にあって勇ましくも美しい女性陣の生きざまも見せつけられました。

X(旧Twitter)では、「千代さんがあれだけ多種の武器が扱えたり応急処置ができるのは、それらが生きていくのに必要だったということ。短い間でも平穏な日々があってよかった」「鳥居元忠、彦殿…なんて切ない、なんて悲しい。最後が千代と一緒で良かった」「元忠の最後の言葉『殿お別れだわ』に涙」「彦殿の苛烈な討死を挟みつつ、両陣営の調略戦をきっちり描写してくれるのがいい。それぞれの戦場で戦う女性達の活躍も見どころだった」「本田忠勝の娘、稲さん勇ましく男勝りで恰好よかった」などのコメントが寄せられています。

第43話は「関ヶ原の戦い」。真田のわなにはまり秀忠率いる主力軍が来ない中、西軍に数で劣る家康は野戦での勝負を決断。決戦の地に関ヶ原を選ぶと、大量の密書をばらまき、敵に切り崩しを仕掛けます。両陣合わせて15万の兵が集結し、ついに天下分け目の大戦が開戦! 家康がどう戦を乗り切るのか、そして徳川家臣団がどんな活躍を見せてくれるのか注目です。

『どうする家康』あらすじバックナンバー

第41話
第40話
第39話
第38話
第37話
 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」