『どうする家康』に出演した演技がうまいと思う女性俳優ランキング! 2位「有村架純」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部は「『どうする家康』出演俳優」に関するアンケート調査を実施。「『どうする家康』に出演した演技がうまいと思う女性俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:『どうする家康』公式Instagramより)

魅力的な登場人物が多く、人間関係や個々の成長も見応えのあるNHK大河ドラマ『どうする家康』。高い演技力で物語を盛り上げる女性俳優も多く活躍しています。

All About ニュース編集部は10月31日~12月11日の期間、全国10~60代の男女192人を対象に「『どうする家康』出演俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「『どうする家康』に出演した演技がうまいと思う女性俳優」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果

2位:有村架純/瀬名

2位にランクインしたのは、家康の妻・瀬名役を務めた有村架純さんです。家康のよき理解者として、最期まで家康を支え続ける重要な役どころを好演しました。

瀬名は第25回の放送で最期を迎えますが、10分を超える家康との別れのシーンは涙なしには見られないとSNSでも大きな話題に。瀬名の持つ愛情や強さの集大成ともいわれる最期の姿は、有村さんの演技力があってこそと絶賛の嵐でした。

回答者からは「自害するシーンは圧巻でした」(50代男性)、「演技に違和感なく自然的だから」(30代男性)、「旦那を健気に待ってる演技が良かったです」(30代女性)といったコメントが寄せられています。

1位:北川景子/お市/茶々

1位にランクインしたのは、お市と茶々の一人二役を好演した北川景子さんです。甲冑姿も見せ、凛としたたたずまいや生き方が美しいと絶賛されたお市と、妖艶な毒婦と称され家康との駆け引きなど、あざとかわいい演技を見せた茶々との演じ分けが素晴らしいと反響を呼んでいます。

演じ分けは北川さん自身も力を入れていたそうで、声の出し方や表情の作り方はもちろん、衣装の違いにもこだわる徹底ぶり。茶々の役作りは、過去に茶々役を演じたことのある俳優・小川眞由美さんの迫力ある演技を参考にしたそうです。

その役作りが功を奏し、鬼と聖母が同居する茶々の姿は回を増すごとに怪演に拍車がかかり、すごみを増しています。

回答コメントでは「お市と茶々の二役の演技を上手く演じ分けていました。お市は気品があって茶々はじゃじゃ馬で表情も違いお上手でした」(50代女性)、「主役を食うほど存在感があるから」(50代男性)、「迫力があり見入ってしまった」(30代女性)などの声が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」