舞台「鬼滅の刃」で新・竈門炭治郎役! 阪本奨悟「人間と鬼の死闘は“全集中”で表現しています」

圧倒的な人気を誇る『鬼滅の刃』舞台版の魅力とは? 最新作の東京公演開幕を前に、今回から新たに主人公・竈門炭治郎を演じる阪本奨悟さんが、舞台版の手応えを熱く語ってくれました!

炭治郎と自分が重なった瞬間

原作漫画を読んでいて特に印象に残ったのは、まだ鬼殺隊に入る前のシーン。家族を殺され、鬼殺隊を志した炭治郎が鱗滝(うろこだき)のもとで修業し、最後に巨大な岩を斬るという課題に取り組むくだりだそうです。

「刀で岩を斬ることなんて、絶対にできないと思うじゃないですか。でも(どこからともなく現れた少年)錆兎(さびと)に鍛えられて、遂に彼に勝った瞬間、岩が斬れている……という描写に感動しました。(実は)鬼殺隊を志し、励んでいた錆兎が、炭治郎に思いを託そうとしたという背景にもグッときましたし、ちょうどそのころ、僕自身も新しい環境に身を置いていまして。

僕は一時期、音楽に集中していたのですが、舞台のお仕事を再開したことで、ダンスにお芝居に殺陣にと、身に着けるべきことがいっぱいあったんです。改めて、舞台という世界で頑張ろうとがむしゃらにやっていた自分と炭治郎が重なりました。彼の努力が報われる姿を見て、僕自身、こういう景色が見たい、と思ったのかもしれません」
竈門炭治郎
舞台『鬼滅の刃』其の肆 遊郭潜入 竈門炭治郎(阪本奨悟)©吾峠呼世晴/集英社 ©舞台「鬼滅の刃」製作委員会
日本のみならず海外でも広く知られたキャラクターを演じるプレッシャーはあるものの、自分と共通項のある炭治郎なので、きっと“うそ”なく演じることができると思う、と阪本さんは自信をのぞかせます。

「作品によっては、この人物はなぜこういうせりふを言うんだろう、と悩む時もあるのですが、炭治郎に関しては、家族が受けた仕打ちと(鬼になってしまった)妹に対する思いが原点にあるのが分かります。

また僕自身、きょうだいもいますし、スケジュールが合えば家族旅行に行くくらい今も仲がいいので、もしその家族にあんなことが起こったとしたら、絶対僕も炭治郎のような気持になると想像できるし、自分のバックボーンから湧き上がってくる感情と結びつけて演じることができます。

人の気持ち、人の心の痛みが分かるから、(彼を見出した“柱”の)冨岡さんや、鱗滝さんたちに“考えが甘い”と叱られても、倒した敵さえ思いやってしまうのも、炭治郎のすごいところですね。彼の優しさ、そして“必ず(妹の)禰󠄀豆子を人間に戻すんだ”という強い思いを根っこに持って、大切に演じたいです」
次ページ
「変装」への違和感は、ある? ない?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは