舞台「鬼滅の刃」で新・竈門炭治郎役! 阪本奨悟「人間と鬼の死闘は“全集中”で表現しています」

圧倒的な人気を誇る『鬼滅の刃』舞台版の魅力とは? 最新作の東京公演開幕を前に、今回から新たに主人公・竈門炭治郎を演じる阪本奨悟さんが、舞台版の手応えを熱く語ってくれました!

阪本奨悟さん
阪本奨悟|兵庫県出身。ミュージカル『テニスの王子様』等で活躍後、シンガーソングライターとしてデビュー。ミュージカル『刀剣乱舞』『イン・ザ・ハイツ』演劇調異譚『xxxHOLiC』『The View Upstairs』等に出演。声優としても活動している。

単行本累計発行部数が1億5000万部を突破した漫画『鬼滅の刃』(集英社)。その舞台版の最新作である「舞台『鬼滅の刃』其ノ肆 遊郭潜入」の東京公演が間もなく開幕します。

今回から新たに主人公・竈門炭治郎を演じる、阪本奨悟さんの“鬼滅”愛とは? 稽古を重ねて感じる、舞台版の手応えを熱く語ってくれました。(インタビューは10月中旬に行いました)

“絶対に諦めない”炭治郎を、心から尊敬しています

ミュージカル「刀剣乱舞」や「演劇調異譚『xxxHOLiC』」など、数多くの舞台やミュージカルに出演し、シンガーソングライターとしても活躍する阪本奨悟さん。『鬼滅の刃』はもともと大好きな作品だっただけに、今回の炭治郎役はとてもうれしいし光栄です、と声を弾ませます。

「『鬼滅の刃』が舞台化されると知った時から、“僕もキャラクターのどれかを演じられたらいいな”と願っていました。ニュースを聞いた時に一緒にいた俳優仲間の有澤樟太郎君からは、“奨悟くんは(鬼殺隊の“柱”の一人である時透)無一郎ぽいですよね”と言われて、無一郎みたいなミステリアスな感じがあるのかな~と思いましたが、僕自身はダントツに炭治郎が好きでした。

彼の1番の魅力は、どんなことが起きても絶対諦めない、精神的な強さ。生きていくなかで、ほとんどの人は妥協すると思いますし、僕もこれまでにいろんな妥協をしてきましたが、炭治郎は15歳の少年なのに、絶対に志を曲げないし、折れない。その強さを、僕はとても尊敬しています」
次ページ
グッときた原作の印象的なシーン
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」