【47都道府県在住者に聞いた】まるで「海外絶景」ランキング! 2位「天神崎」(和歌山県)、1位は?

47都道府県在住の1047人を対象に実施した「まるで海外絶景スポット」に関する調査では、ボリビアの「ウユニ塩湖」のようだと話題の「天神崎」(和歌山県)が2位に選ばれました。1位はどの話題スポットでしょう。

天神崎
2位は「天神崎」(和歌山県)

国内でも海外旅行気分を満喫できるスポットがあるのをご存じですか?

旅行情報誌『じゃらん』を発行するリクルートが実施した「まるで海外絶景スポット」に関する調査の結果から、どのスポットが選ばれているのか見てみましょう。調査は47都道府県在住の20~50代の1047人を対象に、2023年9月25~27日にかけて実施されました。

>9位までの全ランキング結果を見る

2位:天神崎(てんじんざき)

2位は「天神崎(てんじんざき)」です。「天神崎」は和歌山県田辺市の田辺湾の北側に突き出た岬。干潮時に出現する潮だまり(タイドプール)に光が反射した様子が、ボリビアの「ウユニ塩湖」のようだと話題の人気スポットです。

光がきれいに反射するのは干潮時の潮位が150~140センチメートルのとき。風が強い日や雨の日を避けて撮影すると、“映える”すてきな瞬間を写真に収めることもできます。おすすめの時間帯は夕方から日没後。田辺観光協会の公式Webサイトには「おすすめカレンダー」が掲載されています。

1位:堂ヶ島 天窓洞(てんそうどう)

1位は「堂ヶ島 天窓洞(てんそうどう)」です。「堂ヶ島 天窓洞」は静岡県賀茂郡西伊豆町仁科にある、海水によって浸食された洞窟。遊覧船に乗って、3カ所ある入口のうちの1つ「南口」から入り、洞窟内を巡るクルーズが人気です。

洞窟の中央には天井が丸く抜け落ちたポイントがあり、その穴から暗い洞窟の中に光が帯のように差し込んできます。その光景は、イタリア・カプリ島の「青の洞窟」のようにとても神秘的です。ちなみに、天窓洞は堂ヶ島遊歩道のコース上にあることから、上から見ることもできます。

この記事の筆者:サイトウイサム(ナレッジ・リンクス編集部)
トレンドに敏感なWebライターを自称するフリーランス。ネットサーフィンが趣味で、芸能ネタが大好き。「話題のスイーツは必ず食す!」がモットー。

次ページ
9位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」