好きな「ベストジーニストの歴代男性受賞者」ランキング! 「草なぎ剛」と並んで1位になったのは?

All About ニュース編集部では「ベストジーニスト」に関するアンケート調査を実施しました。今回は、「好きなベストジーニストの歴代男性受賞者」ランキングをご紹介します。(サムネイル画像出典:草なぎ剛さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は9月25日~10月24日の期間、全国の10~60代の男女306人を対象に「ベストジーニスト」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「好きなベストジーニストの歴代男性受賞者」ランキングの結果を紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る

1位:草なぎ剛

同率で1位にランクインした歴代男性受賞者の1人は、「草なぎ剛」さんでした。

稲垣吾郎さん、香取慎吾さんと共同の公式ファンサイト「新しい地図」を開設しているほか、タレント、男性俳優として活躍中です。

近年では、2023年1月に放映されたドラマ『罠の戦争』(フジテレビ系)で主演・鷲津亨役を務めたほか、同じく2023年10月より放映されているNHK連続ドラマ小説『ブギウギ』にて羽鳥善一役を演じています。

ベストジーニストの一般選出部門で、1999年の第16回から2003年の第20回まで5年連続受賞を達成した実績があり、ジーンズを着こなしている印象を持つ人が多いようです。

アンケートの自由コメント欄では、「本当にジーンズが好きで愛用しているし、似合っていると思う」(青森県/50代女性)をはじめ、「ジーンズ好きなことをYouTubeとかでもアピールしていたから」(東京都/10代女性)、「ファッションでジーンズを着ているだけではなく、知識がとっても豊富で心から好きなことがわかるから」(神奈川県/30代男性)、「ジーンズに対しての知識が凄く、尊敬してしまうから」(石川県/30代女性)などのコメントが寄せられました。

1位:菅田将暉

同率1位のもう1人は、「菅田将暉」さんでした。

2009年にドラマ『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)でデビューして以降、男性俳優やタレント、音楽アーティストとして活躍を続けている菅田さん。近年では、テレビドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)で主演・久能整役、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にて源義経役を演じています。

2022年11月、「第38回ベストジーニスト2022」で一般選出部門にて受賞。「ジーンズは人生の中で最も長くハマっているコンテンツ」との選出コメントを残したことで話題を呼びました。2023年11月に発表された「第39回ベストジーニスト2023」でも一般選出部門にて受賞し、2年連続の受賞となりました。

アンケートの自由コメント欄では、「どんなものでもオシャレに着こなせる、スタイルもいいのでジーンズには最高」(北海道/60代女性)をはじめ、「普段からジーンズをはいていて、自然体で好感が持てる」(愛媛県/40代男性)、「ジーンズをさわやかに履きこなしているところや、スーツなどより自由で少年のような雰囲気が似合う」(大阪府/30代男性)、「カジュアルからフォーマルまで、幅広いスタイルで着こなしており、ジーンズの魅力を最大限に引き出している」(北海道/40代男性)などのコメントが寄せられました。

※「なぎ」は、弓ヘンに前の旧字の下に刀
※回答者コメントは原文ママです

この記事の筆者:長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期に未経験でライター業を開始。日常系アニメと車好き。女性声優さんにも関心をもち個人的にイベントへ参加している。現在の所有車はスズキ ワゴンR(MH95S)。各地のアニメ作品の舞台となった場所を聖地巡礼すべくドライブに出かける。

次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化