かっこいいと思う「ベストジーニストの歴代男性受賞者」ランキング! 2位「木村拓哉」、1位とは?

All About ニュース編集部では「ベストジーニスト」に関するアンケート調査を実施。「かっこいいと思うベストジーニストの歴代男性受賞者」ランキングをご紹介します。(サムネイル画像出典:木村拓哉さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は9月25日~10月24日の期間、全国の10~60代の男女306人を対象に「ベストジーニスト」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「かっこいいと思うベストジーニストの歴代男性受賞者」ランキングの結果を紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る

2位:木村拓哉

2位は「木村拓哉」さんでした。

木村さんの名前を耳にして、男性アイドルユニット「SMAP」での活躍が印象に残っている人が多いかもしれませんが、男性俳優およびタレントとしても活躍しています。

近年では、2023年4月から6月まで放映されたドラマ『風間公親−教場0−』(フジテレビ系)にて主演・風間公親役を務めたほか、同じく2023年に公開された映画『レジェンド&バタフライ』にて織田信長役を演じたことが話題となりました。

木村さんは、1994年の第11回から1998年の第15回まで5回連続でベストジーニストの一般選出部門に選ばれています。その実績から、ジーンズを履いているかっこいい姿を思い浮かべている人が多いのかもしれません。

アンケートの自由回答欄では、「ジーンズをオシャレに履きこなしていて良いと思うから」(宮城県/30代女性)をはじめ、「よくジーンズを履いているのを見てとても似合っている」(大阪府/10代女性)、「若い頃の木村拓哉はビジュアル的に完璧で、ベストジーニストでも早々に殿堂入りしたくらいだから」(静岡県/40代男性)、「カッコよくて、カリスマ性があって、素敵だと思う」(千葉県/30代男性)などのコメントが寄せられました。

1位:菅田将暉

1位は「菅田将暉」さんでした。

2013年、映画『共喰い』で「第37回日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞するなど演技力の高さが光る男性俳優。近年では、2022年公開の映画『百花』にて主演・葛西泉役を演じたほか、2022年1月から3月まで放映されたドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)で主演・久能整役を務めました。

「第38回ベストジーニスト2022」「第39回ベストジーニスト2023」にて2年連続で一般選出部門を受賞。ランダムに選ばれた10~50代までの幅広い世代から最もジーンズが似合う有名人として支持されています。

アンケートの自由回答欄でも、「彼の少しやんちゃな感じとジーンズの組み合わせが合うので」(奈良県/50代女性)をはじめ、「シンプルにカッコよく、ジーンズを着こなしているから」(神奈川県/20代女性)、「自分流の着こなしができている」(東京都/40代女性)、「実際にジーンズも似合っていますし、普段からかっこいいと感じるから」(愛知県/50代女性)などのコメントが寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

この記事の筆者:長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期に未経験でライター業を開始。日常系アニメと車好き。女性声優さんにも関心をもち個人的にイベントへ参加している。現在の所有車はスズキ ワゴンR(MH95S)。各地のアニメ作品の舞台となった場所を聖地巡礼すべくドライブに出かける。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」