ジーンズが似合うと思う「ベストジーニストの歴代男性受賞者」ランキング! 2位「木村拓哉」、1位は?

All About ニュース編集部では「ベストジーニスト」に関するアンケート調査を実施。「ジーンズが似合うと思うベストジーニストの歴代男性受賞者」ランキングをご紹介します。(サムネイル画像出典:木村拓哉さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は9月25日~10月24日の期間、全国の10~60代の男女306人を対象に「ベストジーニスト」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「ジーンズが似合うと思うベストジーニストの歴代男性受賞者」ランキングの結果を紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る

2位:木村拓哉

2位は「木村拓哉」さんでした。

木村さんは男性アイドルユニット「SMAP」のメンバーとして活躍。現在は男性俳優としてドラマや映画に出演するほか、バラエティ番組にも出演するなど幅広く活動しています。

近年のおもな出演作品に、ドラマ『風間公親−教場0−』(フジテレビ系)の主演・風間公親役、映画『レジェンド&バタフライ』の織田信長役が挙げられます。

木村さんは、1994年の第11回から1998年の第15回までの5回連続で、ベストジーニストの一般選出部門を受賞していた経歴があります。その実績もあって、ジーンズを履いている印象を持っている人が多いのかもしれません。

アンケートの自由コメント欄では、「何歳になってもジーンズが似合いそうな雰囲気」(神奈川県/50代女性)のほか、「ジーンズを履いているところをイメージでき、シンプルな白シャツとジーンズという組み合わせでかっこいいと思える」(富山県/20代女性)、「スーツ系よりカジュアルなスタイルが似合うイメージだから」(大阪府/30代女性)、「番組や雑誌などでもよくジーンズを着用している姿を見ることがあり、印象に残っている」(千葉県/30代女性)などの回答がありました。

1位:草なぎ剛

1位は「草なぎ剛」さんでした。

ドラマや映画での男性俳優に加え、ナレーションやバラエティ番組での司会も務めるなど幅広く活躍しています。

近年の出演作品に、2021年に放映されたNHK大河ドラマ『青天を衝け』の徳川慶喜役、2023年1月に放映されたドラマ『罠の戦争』(フジテレビ系)の主演・鷲津亨役が挙げられます。また、2023年10月より放映されているNHK連続ドラマ小説『ブギウギ』で羽鳥善一役を演じていることでも注目されています。

1999年の第16回から2003年の第20回まで、5回連続でベストジーニストの一般選出部門を受賞した実績があります。ジーンズが好きで上手に着こなしている印象を持っている人も多いのかもしれません。

アンケートの自由コメント欄では、「ジーンズを愛していそうだから」(京都府/30代女性)をはじめ、「ビンテージもの履いたりしてるイメージだし、めちゃくちゃ詳しく、ジーンズに対して愛がある」(東京都/40代女性)、「日ごろからジーンズを履いている印象がある」(埼玉県/50代男性)、「デニム好きで有名だし履いているイメージがある」(広島県/20代女性)などの回答が寄せられています。

※「なぎ」は、弓ヘンに前の旧字の下に刀
※回答者コメントは原文ママです

この記事の筆者:長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期に未経験でライター業を開始。日常系アニメと車好き。女性声優さんにも関心をもち個人的にイベントへ参加している。現在の所有車はスズキ ワゴンR(MH95S)。各地のアニメ作品の舞台となった場所を聖地巡礼すべくドライブに出かける。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応