夏ドラマをきっかけに好きになった俳優ランキング! 2位は間宮祥太朗、1位は?

「夏ドラマをきっかけに好きになった俳優ランキング」で、2位になったのは間宮祥太朗さんでした。気になる1位は、エキストラのオーディションから抜てきされた、異色の経歴を持つ俳優です。 (サムネイル画像出典:『真夏のシンデレラ』の公式Instagramより)

エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは、9月20日~10月1日にかけて、10~50代以上の男女100人を対象に俳優に関するインターネット調査を実施しました。本記事ではその中から「夏ドラマをきっかけに好きになった俳優ランキング」を紹介します。どのドラマに出演した誰が選ばれたのか、気になるランキングを見てみましょう。

>5位までの全ランキング結果を見る

2位:間宮祥太朗/『真夏のシンデレラ』


2位にランクインしたのは『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系)に出演した間宮祥太朗さんです。1993年6月11日生まれの間宮さんは神奈川県出身。2008年に『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(日本テレビ系)で俳優デビューを果たすと、その後も数々の人気ドラマや映画に出演し、人気俳優の仲間入りをしました。
 

そんな間宮さんが出演した『真夏のシンデレラ』は男女8人の恋愛模様を描いたドラマで、間宮さんと森七菜さんがW主演を務めました。運命的に出会った男女が、日常とはかけ離れた真夏の海を舞台にして繰り広げる恋愛模様に、心をときめかせた人は多いのではないでしょうか。
 

回答者からは「元々演技力が高く熱い男のイメージを持っていましたが、夏ドラマの主演を演じているのを観て、爽やかで純愛ものも似合っていて好きになりました。持ち前の目力と声で今後も期待したいです」「間宮祥太朗はスタイルが良くて大きくてイケメンなので昔から好きでしたが、ドラマでキレキレの演技を見て感動したことをきっかけに大好きになりました。笑顔も可愛らしくて最高です」「真夏のシンデレラで、恋愛ものを演じたことで、心にキュンときました。間宮君は、ヤンキーものに出るのがかっこよかったんですが、恋愛ものも演じてて、似合ってて、すごく魅力を感じました」などの理由が寄せられました。

1位:富栄ドラム/『VIVANT』

1位にランクインしたのは『VIVANT』(TBS系)に出演した富栄ドラムさんです。1992年4月11日生まれの富栄さんは兵庫県出身で、元大相撲力士という異色の俳優。力士を引退したのは2021年3月場所で、その後は俳優やYouTuberとして活動を始めました。
 

そんな富栄さんが出演した『VIVANT』は、ストーリーや役柄が放送開始まで公表されないことなどが話題になった作品で、モンゴルロケが行われるなどスケールの大きさも注目されました。富栄さんは、『VIVANT』にはエキストラのオーディションに参加。その際、印象的なキャラクターが監督さんの目に留まったのか、トントン拍子でメインキャストの1人に選ばれたようです。
 

回答者からは「ドラマ内で、声を発さないにも関わらず存在感があるのと、なんといっても笑顔と頷きがかわいらしくて好きになりました。役柄も縁の下の力持ちとして動く役だったので好感が持てました」「VIVANTが初のドラマ出演らしく、初めてその存在を知ったが、役柄と相まって、その表情と体型の愛らしさにイチコロです。番宣の際もそのキャラクターを守り続け、また勉強熱心な素顔があったり、実はバク転が得意とか、調べるごとに興味をそそられっぱなしです」「全く喋らない役でしたが、とにかく愛らしいキャラクターでした。表情のみでの演技ではありましたが、喜怒哀楽をうまく顔や目の表情で表現していてとても良いと思いました。今後、ほかの役にも挑戦してほしいし、応援したいです」などの理由が寄せられました。


>次のページ:5位までの全ランキング結果を見る
 

※回答者コメントは原文ママです
 

この記事の筆者:サイトウイサム(ナレッジ・リンクス編集部)
トレンドに敏感なWebライターを自称するフリーランス。ネットサーフィンが趣味で、芸能ネタが大好き。「話題のスイーツは必ず食す!」がモットー。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化