2期連続ドラマ出演の「夏ドラマの演技が良かった男性俳優」ランキング! 2位「二宮和也」、1位は?

All About ニュース編集部は「夏秋2クール連続でドラマ出演する俳優」に関するアンケート調査を実施。「2クール連続でドラマに出演する夏ドラマの演技が良かった男性俳優」ランキングの1位は?(サムネイル画像出典:『VIVANT』公式Instagramより)

『VIVANT』(TBS系)や『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系)など、考察が盛り上がり大きな話題を呼んだ夏ドラマ。夏クールに引き続き、ドラマを盛り上げてくれる俳優たちをチェックしてみましょう。

All About ニュース編集部は9月19日~10月10日の期間、全国10~60代の男女242人を対象に「夏秋2クール連続でドラマ出演する俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「2クール連続でドラマに出演する夏ドラマの演技が良かった男性俳優」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果
 

2位:二宮和也(嵐)/『VIVANT』

2位は、夏クールに『VIVANT』(TBS系)に出演した二宮和也さんです。本ドラマは架空の国「バルカ共和国」を舞台に、国際テロ組織を追う壮大なスケールの物語。

二宮さんはテロ組織「テント」のナンバー2・ノコル 役として出演。第1話のラストでサプライズ出演し、SNSを中心に多くの視聴者を沸かせました。7話までは役名も伏せられ、謎に包まれた人物だったノコル。登場回数こそ多くはありませんでしたが、二宮さんの演技力により圧倒的な存在感を放っていました。

回答者からは「感情が難しい役柄を見事に演じていた」(40代男性)、「難しい役柄にも関わらず圧倒的演技力で涙が出てきました」(40代女性)、「ニノの冷たい演技や、優しさ溢れる演技はみていても癒されます」(50代女性)といったコメントが寄せられました。
 

1位:阿部寛/『VIVANT』

1位は、今夏最大の話題作『VIVANT』(TBS系)に出演した阿部寛さんです。実力派俳優揃いの本作にて、ハイスペックな公安刑事を好演しドラマを盛り上げました。

アクが強めの変人を演じることが多い阿部さん。主演を務める10月13日スタートの秋ドラマ『すべて忘れてしまうから』(テレビ東京系)では、成り行き任せのミステリー作家を演じます。『VIVANT』とはまた違ったクセの強いキャラクターに、期待の声が寄せられています。

アンケートの回答では「出演しているだけで、存在感があるから」(30代女性)、「愚直な刑事役が見事にハマっていた。どんな役をしても演技がうますぎる」(40代男性)、「VIVANTの成功の何割かは阿部寛の功績だと思うほど存在感があった」(40代男性)などの意見が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

>次ページ:10位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」