オーナメントの中からタルトが出てくる! 「ウェスティンホテル横浜」の“アッと驚く”クリスマスケーキ

ウェスティンホテル横浜の2023年のクリスマスケーキがプレス関係者にお披露目されました。「思い出に残るクリスマス」をテーマとした4種類のケーキの中には驚く仕掛けがあるものも!

ウェスティンホテル横浜が、2023年のクリスマスケーキをプレス関係者にお披露目しました。「思い出に残るクリスマス」をテーマとしたクリスマスケーキにはアッと驚く仕掛けが……!(画像は全て筆者撮影)

「思い出に残るクリスマス」がテーマ

クリスマスケーキのテーマは「思い出に残るクリスマス」
クリスマスケーキのテーマは「思い出に残るクリスマス」

横浜・みなとみらいにあるウェスティンホテル横浜では、2023年11月1日からクリスマスケーキ、シュトーレン、チョコレート細工、クリスマステイクアウトセットの予約受付を開始。

2023年のクリスマスケーキのテーマは「A Christmas to Remember ―思い出に残るクリスマス」。サプライズ満載のクリスマスケーキを紹介します。

1番驚いた!「スフィアー・ショコラ」

スフィアー・ショコラ(税込2万5000円)※限定5台、直径19×高さ25cm(タルト直径15cm)
スフィアー・ショコラ(税込2万5000円)※限定5台、直径19×高さ25センチ(タルト直径15センチ)

筆者が1番驚いたのは「スフィアー・ショコラ」。大きなオーナメント型を開けるとイチゴのタルトが現れるのです!

しかも、オーナメントとタルトの周りに敷き詰められている丸い球も全てチョコレートでできていて食べられるというので、2度ビックリ。こんなクリスマスケーキが登場したら、一生の思い出となることでしょう。


>次ページ:ブッシュ・ド・ノエルがウェスティンホテル横浜風に?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない