【現地リポ】横浜・みなとみらいに「Kアリーナ横浜」開業! 座席からの見え方、ロッカーや売店は?

2023年9月29日、横浜・みなとみらいに「Kアリーナ横浜」が開業! 世界最大級の音楽特化型アリーナ会場は約2万席の規模を誇り、全てがステージの正面を向いた扇形になっています。

2023年9月29日、横浜・みなとみらいに「Kアリーナ横浜」が開業! 「すべては『音楽』を楽しむために」をコンセプトとした、世界最大級の音楽特化型アリーナ会場です。開業に先立って報道陣に公開されたので、座席からの見え方や音響、設備など驚きの全貌を紹介します(画像は全て筆者撮影)。

音楽に特化したアリーナ会場では世界最大級!

左から「Kアリーナ横浜」、ホテル棟「ヒルトン横浜」、オフィス棟「Kタワー横浜」
左から「Kアリーナ横浜」、ホテル棟「ヒルトン横浜」、オフィス棟「Kタワー横浜」

Kアリーナ横浜」の最大の特徴は、音楽に特化したアリーナ会場ということ。延床面積は約5万3852平方メートル、高さは地上9階(約45メートル)という規模で、座席数は2万33席(アリーナスタンディング時は2万2000人収容)を誇ります。音楽に特化したアリーナ会場では、世界最大級だそうです(ケン・コーポレーション調べ)。

約2万人収容可能なKアリーナ横浜
約2万人収容可能なKアリーナ横浜

参考までに、「横浜アリーナ」は約1万7000人、「ぴあアリーナMM」は約1万2000人(スタンディング時)、「KT Zepp Yokohama」は約2100人(スタンディング時)という収容人数(キャパ)です。いずれかの会場に行ったことのある人は、Kアリーナの規模感が分かることと思います。

場所は、JR横浜駅から徒歩約10分、みなとみらい線 新高島駅から徒歩約5分。商業施設の横浜ベイクォーターから川を挟んだ対岸のウォーターフロントに位置します。

全ての座席がステージ正面を向いた扇形

アッパー(LEVEL7)からステージを望む
アッパー(LEVEL7)からステージを望む

ステージ前方の「アリーナ」と、三層構造の「スタンド」<ロアー(LEVEL3)、ミドル(LEVEL5)、アッパー(LEVEL7)>の全席が、ステージの正面に向けて配置された扇形になっているのが特徴。

ミドル(LEVEL5)最前列からステージを望む
ミドル(LEVEL5)最前列からステージを望む

最後方の端の席からステージを見てみましたが、遮るものはなく、思っていた以上にステージが見やすかったです。傾斜が付いていて、列が互い違いの千鳥配列になっているので、前の人の頭が気になることもなさそうです。

アリーナ後方からステージを望む
アリーナ後方からステージを望む

合わせて、ハイクラスのスピーカーを会場内に約200カ所設置することで、全席に良質で全身を震わせる「音」が届くとのこと。音楽ライブでどんな「音」が体験できるのか、期待に胸がふくらみます。

このほか、主催者や企業向けに「VIPエリア LEVEL6」も設けられており、特別なゲストにふさわしい特別な空間やサービスを提供します。

アリーナ席にも快適なファブリックシートを導入

全席にファブリックシートを導入
全席にファブリックシートを導入

長時間快適に過ごせるようにと、全席にファブリックシートが導入されています。驚くのは、パイプ椅子が並ぶことの多いアリーナ席にもファブリックシートが設置されていること。1脚10万円(!)もの費用をかけたとのことで、座り心地はバツグンでした。

1つの座席にカップホルダーが2個ついている
1つの座席にカップホルダーが2個付いている

もう1つ驚いたのが、1つの座席にカップホルダーが2個ついていること(一部座席を除く)。飲食持ち込み可能なライブの場合、2個使えるとかなり便利ですよね。


>次ページ:コインロッカーの数や料金は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在