横浜初の「ヒルトン」がみなとみらいにオープン! 「推し活」におすすめしたいホテルの3つの魅力とは

2023年9月24日、横浜・みなとみらいに「ヒルトン横浜」が開業。内覧会で客室やレストランを見学してきました。「Kアリーナ」に隣接するなど「推し活」におすすめしたい3つの魅力紹介。

横浜・みなとみらいに「ヒルトン横浜」が2023年9月24日に開業。開業に先立って開催された内覧会で見学させていただきました。「推し活」におすすめしたい、横浜初となるハイクラスホテルの3つの魅力を紹介!(画像は全て筆者撮影)

魅力1:世界最大級の音楽アリーナ「Kアリーナ」に隣接

左から「Kアリーナ横浜」、ホテル棟「ヒルトン横浜」、オフィス棟「Kタワー横浜」
左から「Kアリーナ横浜」、ホテル棟「ヒルトン横浜」、オフィス棟「Kタワー横浜」

何といっても1番の魅力は、約2万人の動員が可能な世界最大級の音楽アリーナ「Kアリーナ横浜」に隣接していること。

同ホテルは、横浜・みなとみらいの大規模複合開発「Kアリーナプロジェクト」の一環で計画。街区「ミュージックテラス」のホテル棟という位置付けです。

らせん階段のメインエントランスがエレガントな雰囲気
らせん階段のメインエントランスがエレガントな雰囲気

場所は、JR横浜駅から徒歩約10分、みなとみらい線 新高島駅から徒歩5分の距離にあり、商業施設「横浜ベイクォーター」から川を挟んだ対岸のウォーターフロントに位置します。「横浜アンパンマンこどもミュージアム」横の道路を横浜駅方面に向かうルートが分かりやすいです。

Kアリーナに隣接する立地は何ものにも代え難い魅力
Kアリーナに隣接する立地は何ものにも代え難い魅力

Kアリーナで上質なエンターテインメントを満喫した後、すぐに客室やバーでゆっくりと過ごせることは、何ものにも代え難い魅力だと感じました。

魅力2:全客室31平方メートル以上! 高性能スピーカー完備で余韻に浸れる

エグゼクティブスイートルーム
エグゼクティブスイートルーム

スイート20室を含む8タイプ全339室の客室は、全て31平方メートル以上のゆったりとした広さとなっています。

「プレミアムルーム」からの眺望
「プレミアムルーム」からの眺望

足元まで全面に広がる窓のおかげで、窓際に立つと横浜の夜景の中に浮かんでいるかのような感覚に。みなとみらいのシティビューを眺望する「デラックスルーム」、横浜駅側のウォーターフロントの景色を見晴らす「プレミアムルーム」に分かれています。

全客室にBluetoothの高性能スピーカーを完備
全客室にBluetoothの高性能スピーカーを完備
全客室にはBluetoothの高性能スピーカーが備えられているので、ライブの余韻に浸れること、間違いなしです。
テラス席を備えた開放的なエグゼクティブフロア
テラス席を備えた開放的なエグゼクティブフロア

22階以上はエグゼクティブフロアで、宿泊者はエグゼクティブラウンジ(5階)の利用が可能です。さすがワールドワイドなハイクラスホテル、ダイニング88席のほかにテラス20席も備えており、広々としたエグゼクティブフロアにびっくりです。

フロント、ロビーラウンジはエントランス棟とホテル棟をつなぐ空中回路に位置
フロント、ロビーラウンジはエントランス棟とホテル棟をつなぐ空中回路に位置

ホテル全体のデザインコンセプトは、建築様式のアール・デコをモチーフに、モダンな横浜の要素を組み込み再構築した「YOKOHAMA Déco(ヨコハマ・デコ)」。きらびやかで豪華なインテリアに胸躍ります。

>次ページ:レストランやバーも豪華でスタイリッシュ!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在