コーヒー好きなら泊まるべき!「シタディーンハーバーフロント横浜」ならではの5つのサービスとは

2023年6月14日、「シタディーンハーバーフロント横浜」(神奈川県横浜市中区日本大通)が開業。観光やビジネスの拠点として「暮らす」ように宿泊できる同施設の5つのサービスを紹介します。

2023年6月14日、「シタディーンハーバーフロント横浜」(神奈川県横浜市中区日本大通5-2)が開業。観光やビジネスの拠点となる好立地に誕生した「暮らす」ように宿泊するための5つのサービスを紹介します。コーヒーラバーズにはたまらないサービスも!(画像は筆者撮影)

「シタディーンハーバーフロント横浜」開業

スタジオダブル(キッチンなし、1泊客室料金11000円~)
スタジオダブル(キッチンなし、客室料金1万1000円~/1泊)

シタディーンハーバーフロント横浜は、シンガポールに拠点を置き、世界40カ国220都市以上で展開するThe Ascott Limited(アスコット、日本での運営会社はアスコットジャパン)が手掛けるサービスアパートメント(長期滞在型ホテル)。地上17階建て、客室数は242室。1泊から長期滞在まで、幅広いニーズに応える11タイプの客室を備えています。

シタディーンハーバーフロント横浜 外観
シタディーンハーバーフロント横浜 外観

アクセスは、みなとみらい線 日本大通り駅4番出口直結。同施設の開業にあたり、2023年3月から供用開始となった新たな出口です。
 

サービス1:滞在中はコーヒー三昧!

チェックインの際にロビーでコーヒーチェックインサービスが受けられます
チェックインの際にロビーでコーヒーチェックインサービスが受けられる

シタディーンでは、”For the Love of Coffee“をブランドシグネチャーとして、コーヒーを通じたコミュニケーションを大切にしています。同ビル1階には、「一杯のコーヒーに心をこめて。」をポリシーとし、50年以上もの歴史を持つ老舗喫茶店「珈琲館」がオープン。

1階に「珈琲館」がオープン(営業時間:7:00~21:00)
1階に「珈琲館」がオープン(営業時間:7:00~21:00)

驚いたのは、チェックイン時にフロント横のスペースで珈琲館オリジナルコーヒーのサービスが受けられる「コーヒーチェックイン」。コーヒーでおもてなししてもらえます(紅茶やフルーツウォーターなどコーヒー以外のドリンクもあります)。

客室にも珈琲館のドリップパックが用意されています
客室にも珈琲館のドリップパックが用意されている

客室でもコーヒーが楽しめるよう、「珈琲館」オリジナルブレンドのドリップパックが用意されています。また、宿泊者が24時間使える共用ラウンジでは、カプセル式のエスプレッソマシンが完備されており、こちらでもコーヒー、エスプレッソが無料で楽しめます。

共用ラウンジで利用できるエスプレッソマシン
共用ラウンジで利用できるエスプレッソマシン

朝は宿泊者限定で「珈琲館」初となるビュッフェ形式での朝食メニューを提供。もちろんここでもおいしいコーヒーが楽しめます。

1階「珈琲館」の朝食でもおいしいコーヒーが楽しめます
1階「珈琲館」の朝食でもおいしいコーヒーが楽しめます

チェックインからチェックアウトまでコーヒー三昧で、コーヒーラバーにはたまりません!

6月14日に行われたオープニングセレモニーではコーヒーの入った樽で鏡開きが行われ、来場者にコーヒーがふるまわれた
6月14日に行われたオープニングセレモニーではコーヒーの入った樽で鏡開きが行われ、来場者にコーヒーがふるまわれた

 

>次ページ:長期滞在でも不便なく過ごせる工夫も
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴