コーヒー好きなら泊まるべき!「シタディーンハーバーフロント横浜」ならではの5つのサービスとは

2023年6月14日、「シタディーンハーバーフロント横浜」(神奈川県横浜市中区日本大通)が開業。観光やビジネスの拠点として「暮らす」ように宿泊できる同施設の5つのサービスを紹介します。

サービス2:半分以上の客室にキッチン完備

一部客室には設備の整ったキッチンを完備
一部客室には設備の整ったキッチンを完備

サービスアパートメントをうたう同施設ならではの設備で、242室の全てに電子レンジ、半数以上の135室にキッチンを備えています。そのうちの一部には、調理器具などの設備の整ったキッチンや冷蔵庫、洗濯乾燥機を備えた客室もあり、長期滞在でも不便なく過ごせます。

サービス3:緑豊かな屋外テラスやフィットネスルームも

共用部の屋外テラス
共用部の屋外テラス

共用部には、屋外テラスやフィットネスルーム、キッチン付きのラウンジを完備。コインランドリーもあり、「街に暮らす」ような滞在を実現します。また、2つのミーティングルームも備え、ビジネス利用や人が集うイベントスペースとしても活用できます。

フィットネスルーム
フィットネスルーム

屋外テラス席は、ビジネス街の喧騒(けんそう)を離れ、日本大通りの緑を眺めてリフレッシュできること、間違いなし。

サービス4:体験型プログラムで「街」を楽しむ

レジデントプログラム「Bake in the City」の様子
レジデントプログラム「Bake in the City」の様子

シタディーンとは、フランス語で「その街に住む人」という意味。“For the Love of Cities”をコンセプトに、街と人々をつなげ、その街での“暮らす・働く・遊ぶ”を満喫するための体験型プログラム「アクティベート(activ∞)」が用意されていることも大きな特徴です。

シタディーンハーバーフロント横浜では、「シティハック」「ステイアクティブ」「レジデントプログラム」の3つのスタイルごとにプログラムを用意。

例えば、レジデントプログラムとして「近代のパン発祥の地」の碑がある日本大通りにちなみ、ホームウエアブランド「ジョセフ ジョセフ(Joseph Joseph)」とのコラボで『Bake in the City』を開催。料理研究家・丹下慶子さんを講師に迎え、2カ月ごとに横浜にちなんだパン作りレッスンを開催します。こちらのレッスンは市民にも開かれており、宿泊者以外でも参加OK。

サービス5:愛犬と過ごせる客室も完備

愛犬と一緒に泊まれる客室も
愛犬と一緒に泊まれる客室も

長期出張や旅行の際、愛犬をどこへ預けようか悩むことはありませんか? 家族の一員である愛犬と一緒に滞在したいという方に、ペットフレンドリーの客室も用意されています。

客室以外のスペースはケージに入れる必要がありますが、約15キロまでの犬に限り、客室ではフリーで過ごすことができます。ドッグベッドなどペット専用アイテムもそろっています。

開業を記念し、公式サイトからの予約でベストフレキシブルレート(最安値料金)から割引で宿泊できるキャンペーンやインスタグラムフォロー&いいね!キャンペーンを実施中。詳しくは公式サイトをチェックしてください。


シタディーンハーバーフロント横浜  公式サイト


>次ページ:パンやスイーツをお部屋で
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」