横浜の夜景が今年も映える! 冬のイルミネーションイベント「ヨルノヨ」で街が一気に光り輝く

横浜のイルミネーションイベント「夜にあらわれる光の横浜〈ヨルノヨ2023〉」が2023年11月27日~2024年1月4日まで開催。「巡り、出会い、混ざる」をテーマに横浜都心臨海部で行われます。

横浜の冬を彩るイルミネーションイベント「夜にあらわれる光の横浜〈ヨルノヨ2023〉」が2023年11月27日~2024年1月4日まで開催。「巡り、出会い、混ざる」をテーマに横浜都心臨海部で繰り広げられます(画像は全て提供、イメージ)。

アートイルミネーションイベント「ヨルノヨ」とは

新港中央広場のプロジェクションマッピング(今回の開催イメージ)
新港中央広場のプロジェクションマッピング(今回の開催イメージ)

ヨルノヨ」は、2020年から横浜都心臨海部で開催されているアートイルミネーションイベントで、4回目となります。

「ヨルノヨ2023」のロゴ
「ヨルノヨ2023」のロゴ

横浜市は来街者の多くが日帰りで夜の消費活動につながらないという課題を解決するため、夜間に楽しめるコンテンツを生み出すことで経済効果を高める「ナイトタイムエコノミー活性化」の一環として「ヨルノヨ」をスタートしました。

2023年も街全体が光り輝くイルミネーションショーを実施

街全体の光の演出(今回の開催イメージ)
街全体の光の演出(今回の開催イメージ)

2023年のテーマは「巡り、出会い、混ざる」。新港中央広場でのプロジェクションマッピングや、街全体が光と音楽にあわせて躍動するイルミネーションショー(30分に1回)などが実施予定です。

今回のイベント実施事業者 共同事業体 代表法人は「PixelEngine」。三谷正氏、山崎なし氏を中心として京都を拠点に活動しており、大量のプロジェクターやスピーカーを使い、歴史的・地形的アプローチからユニークな〈空間〉を当該地域に立ち上げることを得意としています。(※山崎氏の崎はたつさき)

代表的なプロジェクトとして、「大阪・光の饗宴」(大阪市中央公会堂/2022年)、「福知山イル未来と2022」(京都府・福知山城、新町商店街 /2022年)、「日本遺産『龍田古道・亀の瀬』光の旅路」(大阪府柏原市・亀の瀬トンネル/2023年〜)、「ぎふ灯り物語2023」(岐阜県・岐阜公園/2023年)などがあります。

前回の「街全体の光の演出」の様⼦(参考)
前回の「街全体の光の演出」の様⼦(参考)

「ヨルノヨ」は、先端技術を活用し、ほかでは体験できない横浜ならではの創造的な演出が行われるアートイルミネーションイベント。詳細は10月末ごろにあらためて発信される予定となっています。今回も期待したいと思います。

街全体が光と音楽に合わせて躍動するイルミネーションショー(前回の様子)
街全体が光と音楽に合わせて躍動するイルミネーションショーは今回も実施(前回の様子)

夜にあらわれる光の横浜〈ヨルノヨ2023〉 開催概要

期間:2023年11月27日~2024年1月4日
時間:17:00~21:05
場所:横浜都心臨海部
入場:無料


この記事の執筆者:田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴