横浜・みなとみらいで街と光のアートイルミネーション「ヨルノヨ」開催! 34施設が連動する光と音の演出

横浜・みなとみらいで街と光のアートイルミネーション「ヨルノヨ」が11月24日からスタート。1月3日までの期間、港の景観を活かした横浜ならではのダイナミックなイルミネーションが展開します。メイン会場の新港中央広場には光の巨大ドームやオブジェが登場。

メイン会場の新港中央広場
メイン会場の新港中央広場

横浜・みなとみらいで横浜港の景観を生かしたダイナミックな街と光のアートイルミネーション「ヨルノヨ」が11月24日からスタート。4回目となる2022年は「GROW-進化する-」をテーマに、前年よりもスケールアップした光と音の躍動的なプログラムを展開します(画像はすべて11月22日に行われたプレス内覧会にて筆者撮影)。

 

街と光のアートイルミネーション「ヨルノヨ」とは

メインビューポイントの横浜港大さん橋国際客船ターミナル
メインビューポイントの横浜港大さん橋国際客船ターミナル

「ヨルノヨ」は2019年度から横浜市でスタートした創造的イルミネーション事業の一環で、横浜都心臨海部でダイナミックな光と音楽の演出を時間限定で行うイルミネーションイベントです。
 

2022年のコンセプトは「GLOW-進化する-」。「ひと・もの・文化」が交差(CROSS)し巡る(FLOW)ことで、新しいものへと進化(GROW)していく横浜を光と音で表現します。

メイン会場の新港中央広場
メイン会場の新港中央広場

主なコンテンツは、光と音楽が躍動する5分間のプログラム「NIGHT VIEWING(ナイトビューイング)」、新港中央広場から山下公園まで楽しめる「NIGHT WALKING(ナイトウォーキング)」、横浜の街を巡って楽しむキャンペーン「ハマぶらりー」、そして、12月以降に期間限定で展開する「光とアートのプログラム」です。
 

34施設が連動し光と音楽が躍動「NIGHT VIEWING」

今年は山下公園側の施設も「NIGHT VIEWING」の演出に参加
今年は山下公園側の施設も「NIGHT VIEWING」の演出に参加

「NIGHT VIEWING」は、1日8回実施(17:30~21:00までの30分ごと、約5分間)される、光と音楽が躍動するプログラム。
 

日本郵船氷川丸やホテルニューグランドなど山下公園側の施設が加わり、演出参加施設が2021年の27から34に増加。メインビューポイントである横浜港大さん橋国際客船ターミナルからは、みなとみらいから山下公園まで、一体感を増した迫力ある光と音楽の演出を体感できます。

山下公園でも「NIGHT VIEWING」の演出時に音楽が流れます
山下公園でも「NIGHT VIEWING」の演出時に音楽が流れます

大さん橋のほか臨港パークや山下公園など、全8カ所で光の演出とともに音楽が流れます。

 

光の演出をたどりながら散策「NIGHT WALKING」

メイン会場の新港中央広場には光のオブジェが多数出現
メイン会場の新港中央広場には光のオブジェが多数出現

みなとみらいから山下公園まで、光の演出をたどりながら散策を楽しめる「NIGHT WALKING」。
 

メイン会場となる新港中央広場には、巨大な半球形のCROSS DOME(クロス ドーム)をはじめ、さまざまな形の光のオブジェが出現。入場は無料で誰でもクロス ドームの中に入って楽しめます。

 

六角形の光のオブジェ「PORTAL(ポータル)」
六角形の光のオブジェ「PORTAL(ポータル)」

このほか、みなとみらいから山下公園にかけて、六角形の光のオブジェ「PORTAL(ポータル)」が12カ所に設置されます。くぐり抜けると、音が鳴ったり、光の強さが変化したりして、フォトスポットとしても楽しめます。

大さん橋ふ頭ビルのプロジェクション
大さん橋ふ頭ビルのプロジェクション

今回、新たに大さん橋ふ頭ビルと山下公園でプロジェクションが実施。大さん橋ふ頭ビルの壁面に映し出される映像は、人の動きによって変化する仕掛けが。
 

山下公園では、2027年に横浜で開催される国際園芸博覧会に向けた、花をテーマとしたプロジェクションが12月1日から行われるほか、公園中央の噴水ではNIGHT VIEWINGと連動し、光が変化する様子が楽しめます。

 

横浜の街を巡って楽しむキャンペーン「ハマぶらりー」

「ヨルノヨ」をはじめ、横浜都心臨海部のイルミネーションを巡るデジタルスタンプラリーや、食事やショッピングがお得に楽しめるデジタルクーポンを発行するキャンペーン「ハマぶらりー」を実施。
 

12月からは日本大通りや象の鼻パークなどでは、東京藝術大学大学院や(公財)横浜市芸術文化振興財団などが展開する、期間限定の光とアートのプログラムも行われますので、夜の横浜を楽しんでみてください。


▼「NIGHT VIEWING」の演出の様子

 

街と光のアートイルミネーション「ヨルノヨ」開催情報

期間:2022年11月24日~2023年1月3日
会場:横浜都心臨海部(メイン会場:新港中央広場、メインビューポイント:横浜港大さん橋国際客船ターミナル)
時間:17:00~21:05 ※NIGHT VIEWINGは17:30~30分ごと(約5分間)
URL:https://yorunoyo.yokohama/

 

【おすすめ記事】

「ヨコハマミライト 2022」点灯! 横浜駅からみなとみらいまで約1.5km続くイルミネーションを撮ってみた
横浜・大さん橋で「横浜港フォトジェニックイルミネーション2022」開催! 光のバラと横浜の夜景が競演
横浜中華街で「2023 春節燈花」イルミネーションがスタート! テーマは「熱烈歓迎」
横浜・みなとみらいに「ハリー・ポッター」魔法ワールドの世界観あふれる2本のクリスマスツリーが出現
みなとみらい・クイーンズスクエア横浜のクリスマスツリーが点灯! 環境配慮型ペーパーアートが映える
リラックマが点灯式に! 横浜ワールドポーターズで屋内初となるクリスマスツリーが登場

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」