横浜中華街で「2023 春節燈花」イルミネーションがスタート! テーマは「熱烈歓迎」

横浜中華街で冬のイルミネーション「2023 春節燈花(しゅんせつとうか)」が11月1日からスタート。点灯式ではにぎやかに獅子舞が披露されました。「熱烈歓迎」をテーマに、2つのメイン通りに「百節龍」と「五十節龍」が舞うほか、ランタンオブジェも設置されます。

2023 春節燈花の点灯式が開催!

関帝廟通り「五十節龍」
関帝廟通り「五十節龍」

横浜中華街で冬のイルミネーション「2023 春節燈花(しゅんせつとうか)」が11月1日にスタート。点灯式ではにぎやかに獅子舞が披露されました。2023年2月5日まで、横浜中華街とその周辺の街並みを華やかに彩ります(画像はすべて筆者撮影)。
 

横浜中華街の「春節燈花」とは

中華街大通り「百節龍」
中華街大通り「百節龍」

「春節燈花」は、2003年にスタートした冬のイルミネーション。旧暦のお正月「春節」までの期間、明るく優しい光に包まれる横浜中華街の恒例イベントです。中華文化で縁起が良いとされている赤と金色を基調とした華やかなイルミネーションが特徴となっています。

上海路にも赤い提灯が並び、通りを彩ります
上海路にも赤い提灯が並び、通りを彩ります

中華街大通りにはメインとなる国内最大級の龍のランタン「百節龍」が、関帝廟通りにもかわいい小ぶりの「五十節龍」が中華街の夜空を舞います。各通りでは春節ならではの赤い提灯やイルミネーションが連なり、横浜中華街の街並みを華やかに彩ります。
 

テーマは「熱烈歓迎」横浜中華街が優しい光に包まれる!

「2023 春節燈花」の点灯式に獅子舞が登場
「2023 春節燈花」の点灯式に獅子舞が登場

今回のテーマは「熱烈歓迎」。点灯式では、中華街発展会の理事長・高橋伸昌さんが「春節燈花は今回で20回目となります。旧暦のお正月にあたる春節は1月22日。2月5日までの期間中、中華街を優しく照らします。さまざまなイベントを展開しますので、ぜひ横浜中華街に足を運んでください」とあいさつしました。

獅子舞がお祝いムードを高めてくれます
獅子舞がお祝いムードを高めてくれます

高橋理事長と「2023春節」実行委員長の呉政則さんがスイッチを押すと「春節燈花」が一斉に点灯し、にぎやかな打楽器の演奏に合わせて獅子舞が披露されました。迫力の演技に来街者は魅了されていました。
 

「2023 春節」においては、3年ぶりに獅子舞による祝賀やパレード、中華伝統演舞などのイベントもリアル開催する予定となっています。

 

迫力のランタンオブジェも設置

加賀町警察署前「財神」
加賀町警察署前「財神」

前回に引き続き、加賀町警察署前に「財神」、山下町公園には「龍」と対を成す「鳳凰」のランタンオブジェが展示されます。フォトスポットとしても人気です。

山下町公園「龍」と対を成す「鳳凰」
山下町公園「龍」と対を成す「鳳凰」

職人が作り上げた中国伝統のランタンは、高さ約5メートル! 迫力あるランタンは、昼も夜も楽しめます。

山下町公園「會芳亭」
山下町公園「會芳亭」

このほか、光で街と街を繋ぐ取り組みも行っており、隣接する元町や山下公園へ続く橋や通りを中華街ならではのイルミネーションで彩ります。

市場通りから元町方面へ続く光の道
市場通りから元町方面へ続く光の道

 

「SDGsな街・横浜中華街」をより推進

2022年度も春節イルミネーションでの使用電力はすべて再生可能エネルギーでまかなわれています。
 

これまでの取り組みが評価され、J-クレジット東北地域推進協議会が主催する令和3年度東北地域カーボン・オフセットグランプリを横浜中華街発展会協同組合が受賞。引き続き、「SDGsな街・横浜中華街」をより推進していく、としています。
 

2023 春節燈花 情報

期間:2022年11月1日~2023年2月5日
時間:16:00~23:00
エリア:横浜中華街全域とその周辺
URL:https://www.chinatown.or.jp/

 

【おすすめ記事】

横浜・大さん橋で「横浜港フォトジェニックイルミネーション2022」開催! 光のバラと横浜の夜景が競演
雪の結晶をデザイン!「ありあけ」初となる横濱ハーバーダブルマロン冬限定パッケージ発売
ホテルニューグランド2022年のクリスマスケーキは「Ribbon」がテーマ! 5種のミニロールケーキがタワーに
期間限定「サンライズワールドYOKOHAMA」に行ってみた! 懐かしのおもちゃが大集結
黒いスープが丼を覆う! 札幌ブラックの草分け的存在「名人の味 爐」が新横浜ラーメン博物館へ

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望