「秋ドラマに期待している男性俳優」ランキング! 同率2位「ムロツヨシ」「西島秀俊」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部は、全国10~60代の男女を対象に「秋ドラマ出演俳優」に関するアンケート調査を実施。「秋ドラマに期待している男性俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:『うちの弁護士は手がかかる』公式Instagramより)

9月27日放送開始の『パリピ孔明』(フジテレビ系)などを皮切りに、続々と秋ドラマがスタートしています。気になる作品はもう見つかりましたか?

All About ニュース編集部は9月12~26日の期間、全国10~60代の男女178人を対象に「秋ドラマ出演俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「秋ドラマに期待している男性俳優」ランキングを紹介します!

>14位までの全ランキング結果

 

同率2位:ムロツヨシ

同率2位、1人目はムロツヨシさんです。初共演の平手友梨奈さんと最強のバディを演じるリーガルエンターテインメントドラマ『うちの弁護士は手がかかる』(フジテレビ系)が、10月13日からスタートします。

ムロさんといえば、現在放送中のNHK大河ドラマ『どうする家康』で演じた豊臣秀吉役の怪演が記憶に新しいはず。本作では、平手さん演じる新人弁護士を支える元敏腕マネージャー役を演じます。法廷のスターに導く新たな形の育成型ストーリーに、期待の声が高まっています。

回答コメントでは「今まで出演していた作品を観て、面白かったから」(40代女性)、「人気や面白いドラマに出ているイメージがあるので、今回も期待しています」(20代男性)、「どんなアドリブを入れてくるか期待してしまう」(30代女性)といった声が集まりました。
 

同率2位:西島秀俊

同率2位、2人目は西島秀俊さんです。10月6日放送開始予定の人気作続編ドラマ『きのう何食べた? Sesson2』(テレビ東京系)で、内野聖陽さんとW主演を務めます。同ドラマは2021年に劇場版も公開されており、待望のシーズン2スタートとなります。

西島さん演じる倹約家の弁護士と、その恋人である気さくな美容師を内野さんが演じ、温かくも少しほろ苦い日常を描くシリーズ。本作は値上げの影響で食費の限界が近づいたり、アラフィフに突入したりと物語中に訪れる時代の変化にも注目です。

回答者からは「ドラマを観るのが本当に楽しみ。かっこいいので出ている作品が観られるのが嬉しい」(40代女性)、「好きなドラマなので、続編も楽しみにしている」(30代女性)、「早くその後の二人が見たい」(50代女性)などのコメントが寄せられました。
 

1位:二宮和也

1位にランクインしたのは、二宮和也さんです。前クールの『VIVANT』(TBS系)では、謎のテロ組織のNo.2・ノコル役を好演し、大きな話題を呼びました。

10月9日より放送開始予定の月9ドラマ『ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ』(フジテレビ系)では、大沢たかおさん、中谷美紀さんとトリプル主演を務めます。舞台はクリスマスイブのとある1日、二宮さん演じる記憶喪失の男が探る事件の真相に注目です。

回答者のコメントでは「夏ドラマで演じた役とはまた違った演技が見られるのが楽しみです」(40代女性)、「演技力が高いのでとても期待している」(30代女性)、「また新しい役所で楽しみだから」(40代女性)といった声が寄せられています。

※回答コメントは原文ママです

>次ページ:14位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」