ここがヘンだよ、ニッポン企業 第18回

ジャニーズ事務所の会見が「最悪」だった3つのワケ【危機管理のプロが解説】

危機管理を生業としている者として、ジャニーズ事務所の会見は残念ながら「最悪」の一言だった。今からでも同社が行うべきことは……。

ジャニーズ事務所が提示してしまった「新たな攻撃材料」

ではその新たな攻撃材料とは何かというと、新社長に就任した東山紀之さんや会見に同席したジャニーズアイランド社長の井ノ原快彦さんが性加害について「うわさレベルでしか聞いていなかった」と説明したことだ。

これはかなり大博打に出た、と個人的に思っている。実際、「被害者の会」は彼らの発言に対して不満をあらわにしている。

「長年に及んだ性加害を認識していたかを問われた東山氏が『噂として聞いていた』と答えると、石丸副代表は『噂?』と顔をこわばらせ、怒りをあらわに。平本代表も失笑し、ため息交じりに『残念だね』と語った」(9月7日付『産経ニュース』)


では、なぜ東山さんや井ノ原さんは被害者たちの神経を逆撫でするような「残念な発言」をしてしまったのかというと、現役タレントとテレビ局や広告代理店などの“ジャニーズムラ”を守るためだ。
 

「うわさレベルでしか知らなかった」という都合の良い説明

東山さんや井ノ原さんという先輩タレントが「うわさレベルでしか知らない」と突っぱねれば、所属タレントたちもみな同じような発言をすればいい。「ジャニー氏を信じ切っていて性犯罪に気づかなかった善意の第三者」なので当然、罪や責任は問われない。

そうすると、テレビ局も広告代理店もこれまで通り共存共栄のビジネスを続けられる。現在、フジテレビやテレビ朝日が公表したような「ジャニー喜多川氏は性犯罪者だけれど、タレント自身はみなうわさレベルでしか知らなかったので問題なし」というロジックが成り立つからだ。
 

>次ページ:説明が虚偽だったら“ジャニーズムラ”はおしまい
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」