恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第82回

「湘南新宿ライン」の運行パターンはなぜ複雑なのか、簡単に理解する方法を解説

「湘南新宿ライン」は行先が多岐にわたり、さまざまな列車が同じ線路を走る。そんな複雑で分かりにくい湘南新宿ラインの運行パターンを分かりやすく解説する。

上野東京ライン、もう1つの都心貫通ルート

東京駅を発車、上野駅へ向かう上野東京ライン
東京駅を発車、上野駅までの「上野東京ライン」

2015年3月に、上野駅と東京駅を直通する中距離・長距離列車用の線路が復活した。一部区間は、東北新幹線の直上を走るというアップダウンの激しいルートで、難工事の末の完成だった。

このルートは「上野東京ライン」と呼ばれ、北関東と東海道本線を直通する2つ目のルートとして湘南新宿ラインと対になって走っている。便利にはなったが、乗り慣れないと行き先や停車駅がややこしく乗り間違えも起こりやすい。都心での経由地を確認しなければならないのだ。
 

湘南新宿ラインの2系統

先ほども紹介したが、湘南新宿ラインの運転系統は2つある。1つが高崎線~東海道本線を直通するルート。もう1つが、東北本線(宇都宮線)~横須賀線を直通するルートだ。

(1)高崎線~東海道本線を直通するルート

戸塚駅から東海道線に乗り入れた湘南新宿ラインの電車
戸塚駅から東海道線に乗り入れた湘南新宿ライン
北へ向かう列車の行き先は、昼間は高崎行きと籠原行きが1時間に1本ずつ交互にやってくる。

籠原駅がどこにあるかを知らない人も多いであろうが、熊谷の1つ先の駅に車両基地があるため、終点となる列車があるのだ。熊谷までの利用者なら、安心して乗ってよい。ほかにはわずかだが、前橋行きがある。高崎からさらに北上し、上越線と両毛線を走って群馬県の県庁所在地に向かう。

昼間の高崎行きは、特快(特別快速)なので通過駅がある。宮原、北上尾、北鴻巣、吹上、行田には停車しない。籠原行きは快速となっているものの、新宿駅から先は各駅に停車する。また、湘南新宿ラインが走る線路は、さいたま副都心駅にはホームがなく、全列車が通過するので気を付けたい。

南へ向かう列車の行き先は、東海道本線の小田原、国府津、平塚のどれかだ。早川から熱海までの各駅に向かうときは、戸塚以遠の停車駅で上野東京ラインから直通する列車に乗り換えなければならない。

また、全ての列車には通過駅がある。特快は、恵比寿、西大井、新川崎、保土ケ谷、東戸塚、辻堂、大磯、二宮、鴨宮は通過する。快速は、恵比寿には停車するものの、西大井、新川崎、保土ケ谷、東戸塚は通過するが、大船以遠は各駅に停車する。

(2)東北本線(宇都宮線)~横須賀線を直通するルート
逗子行きの湘南新宿ライン
横須賀線に直通する線路を走る湘南新宿ライン逗子行き

北へ向かう列車には、宇都宮、小金井、古河行きがある(昼間は1時間に2本)。小金井は小山の1つ先の駅で車両基地があるので終着駅となる列車があるのだ。小金井というと、中央線と間違える人がいるが、中央線の駅は武蔵小金井あるいは東小金井で、ただの小金井駅はない。頭に何も付かない“ただ”の小金井駅は栃木県の駅である。快速があり、土呂、白岡、新白岡、東鷲宮、栗橋、野木、間々田は通過する。

南へ向かう列車は、大船駅から横須賀線に直通し、逗子駅まで行く列車がほとんどだ。朝晩は車両基地がある大船止まりも設定されている。快速であっても、新宿以南は全ての駅に停車する。
 

湘南新宿ラインの車両

2階建てグリーン車
湘南新宿ラインでも走る2階建てグリーン車(写真は上野東京ライン)

湘南新宿ラインに使用される車両は、E231系あるいはE233系で、オレンジと緑の2色のストライプが入っている。駅始発の横須賀線の白と紺の2色のストライプではないので注意を要する。

ほとんどの列車が15両編成で、4号車と5号車の2両は2階建てグリーン車が連結されている。51キロメートル以上は、どこまで乗っても事前料金なら1000円(土休日は800円)なので、かなりリーズナブルだ(JREポイントを使えば、さらにお得になる)。
 

>次ページ:湘南新宿ラインと同じ線路を走る列車
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】