恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第79回

西武池袋で「レトロ百貨展」開催! 「見て、食べて、学べる!」昭和と未来の展覧会

西武池袋本店では8月3~14日、「池袋・豊島・西武沿線 レトロ百貨展」を開催中。見どころを紹介しよう。

西武池袋本店では8月3~14日、池袋、豊島区、西武沿線を中心に、街や鉄道の変化の歴史、時代性を貴重な写真&資料の展示、映像や食べ物、物品を通して追体験できる「池袋・豊島・西武沿線 レトロ百貨展」を開催している。入場料は無料。ひと足先に展示会の様子を取材してきたので、見どころを紹介しよう。
 

ジオラマで巡る池袋・豊島の歴史

都電とトロリーバスが走っていた池袋駅東口の様子を再現したジオラマ
NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』(2012年)のオープニング映像、青梅の「昭和幻燈館」など、昭和の懐かしい情景をジオラマ化している山本高樹氏の作品を展示している。

池袋駅東口のジオラマは、昭和30年代の都電やトロリーバスが走り回る駅前の情景を再現したものだ。
小さな民家が密集していた池袋駅西口の様子を再現
西口駅前は、ぎっしり立ち並ぶ木造家屋の飲み屋やちょっと怪しげなお店の雰囲気を東武百貨店との対照で見事に表現していて見飽きない。
都電の行先表示板は貴重な展示物だ

あわせて展示されている都電の行先表示板や記念乗車券などの資料も貴重だ。
 

西武沿線今昔物語

レトロな改札口から中へ入ると昭和の鉄道情景が目に入る
「今昔駅」という木造の改札口を入ると西武池袋線&秩父線の昭和30~40年代の各駅の懐かしい写真がずらりと並んでいて壮観だ。最近大改装されて話題を呼んでいる豊島園駅のかつての駅舎や線路が3つ並ぶホームの情景も興味深い。

23区内の各駅の駅舎は、高架化や橋上駅舎化でほとんどが変わってしまったので貴重な写真ばかりだ。
旧型車両のイラストや往年のヘッドマークが懐かしい
旧型電車やかつて走っていた貨物列車や電気機関車の写真は今となっては実に興味深い。
電気機関車E851形の側面の車番表記は車両が残っていないだけに貴重だ

私鉄としては巨大だった電気機関車E851形の側面の車番、西吾野駅の駅名看板、各種ヘッドマークなども惜しげもなく展示されている。
 

>次ページ:「トキワ荘」から秩父までマンガ・アニメの聖地を紹介
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」