はじめしゃちょー、ついつい見てしまった「昔好きだったYouTuberランキング記事」の1位に「オレじゃないことを願う」「オレだぁ」

YouTuberのはじめしゃちょーさんが普段は見ないようにしているというネットニュースが目に入ってしまい、どうしても気になって見てしまったと告白。どんなニュースを見てしまったのでしょうか?(サムネイル画像出典:はじめしゃちょーさん公式Instagramより)

YouTuberのはじめしゃちょーさんが8月22日、自身のYouTubeチャンネル「はじめしゃちょー(hajime)」で動画を更新。動画を見たAll About ニュース編集部所属の筆者は驚きを隠せませんでした。その理由は……。


【実際の動画:はじめしゃちょー、YouTuberのランキング記事をうっかり見てしまう】
 

見覚えのある記事タイトル、これって……!?

「気になる記事を見て思った事があったので 動画にします」と話すはじめしゃちょーさん。一体何があったのか、と気になる表情を見せています。普段はこういう記事を見ないようにしているらしいですが、うっかりLINE NEWSで目に入ってしまったとのこと。その記事は、「『昔好きだったYouTuber』ランキング! 2位『水溜りボンド』、1位は?【2023年最新調査】」というタイトル。あれ……、この記事ってわが編集部の記事ですよね?
 

そう気付くと、思わずこちらにも緊張が走ります。1位が気になるはじめしゃちょーさん。「はぁ気になる…」と小声で言った後、「見ちゃうッッ」「オレじゃないことを願う」と恐る恐る1位を確認すると……「オレだぁ」と物悲しいBGMが流れるとともに、後ろのソファに倒れ込みました。
 

3億円ハウス→4億円のツッコミも

「嫌な思いさせて楽しいィ?」「こんなランキング見て嬉しいと思いますか?」と悲痛な叫びを上げていますが、紹介文の「甘いマスク」という部分にはご満悦の様子。そして、記事内の「3億円の豪邸を購入したことでも」の部分には、すかさず「今4億円です」とツッコミが。確かに、7月15日に公開した動画で「ウソがございます」と実は4億円だったことを明かしてました。誠に申し訳ありません。記事の修正をさせていただきました……。
 

その後、動画内でYouTubeの変遷や現状などを語り、「昔好きだったって言われるのは 今は好きじゃないん?」と肩を落とした様子。しかし、実は編集部が取った別のアンケートではこんな結果も出ているんです。「『好きなYouTuber』ランキング!」では2位にランクイン。「好きだった」は1位、「好きな」では2位の現状に「2位なんかいッ」「どっち」と混乱しつつも、「好きなYouTuber2位はすごく嬉しい」ともコメントしています。
 

8月末にはチャンネル開設11周年を迎えるはじめしゃちょーさん

そんなはじめしゃちょーさん、8月31日にはメインチャンネルの開設11周年を迎えます。17日に元ヴァンゆんのヴァンビさんも動画で話していましたが、「ヒカキンさんの存在とか はじめしゃちょーの存在を超えたなんて1ミリも一回もおもったことありません」「あの人たちがどれだけすごいかっていうのを逆に教えたい」「長編で今だに再生数もとって第一線にいるって生半可なことじゃない」と熱く語っていました。10年以上にわたり、多くの動画で笑いや、時につらさや悲しさ、怒りをありのまま伝えてくれたはじめしゃちょーさんには、YouTubeの変遷と共にファンの入れ替わりが一部あるかもしれませんが、これだけ長く多くのファンに愛される存在ということは、疑いようのない事実ではないでしょうか。

しかも、「『イケメンだと思うYouTuber』ランキング!」では、数いる新世代YouTuberたちを抑え、堂々の第1位に君臨。これからも、新旧関係なくトップYouTuberとして輝いてほしいですね。そしてまた半年後くらいに、YouTuberの最新ランキング記事が出ると思いますが、寛大な心で見守っていただけると、うれしいです。
 

 

>次ページ:はじめしゃちょーさんが見たランキング記事をチェック!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた