「昔好きだったYouTuber」ランキング! 2位「水溜りボンド」、1位は?【2023年最新調査】

All About ニュース編集部は7月13~23日、全国10~60代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施。「昔好きだったYouTuber」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:水溜りボンドのYouTubeチャンネルより)

最近では小中学生がなりたい職業に選ばれるほど影響力の大きいYouTuberたちですが、競争や浮き沈みも激しいのが現実。過激だったひと昔前の動画からショート動画や教育系動画など、さまざまなジャンルであふれ“新世代”と呼ばれるYouTuberたちが頭角を現すなど、話題となっています。

All About ニュース編集部は7月13~23日、全国10~60代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「昔好きだったYouTuber」ランキングを紹介します。
 

>9位までの全ランキング結果を見る
 

2位:水溜りボンド

2位にランクインしたのは、2人組のYouTuber「水溜りボンド」でした。メンバーはカンタこと佐藤マイケル寛太さんと、トミーこと富永知義さん。キャッチコピーは「発想豊かな2人組動画クリエーター」です。
 

2人は大学時代に漫才コンビを結成し、2014年にキングオブコントで準々決勝まで進出する快挙を果たします。さらに同年YouTubeにて「水溜りボンド」チャンネルを開設。YouTubeを始めることになったきっかけは、「動画配信ならライブ会場まで来てもらわなくても自分たちのネタを気軽に観てもらえる」と思ったからだそう。2016年には、チャンネル登録者数100万人を達成しました。動画内容は、検証系や早食い、ドッキリなどが人気。当時同居していた後輩たちも出演しており、演出などにも参加していました。
 

選んだ理由に「昔はすきで見ていたけれど、興味の対象が変わったので見なくなった」(静岡県、20代女性)、「くだらないことを本気でやっている感じが好きだったから」(東京都、40代男性)、「ドッキリなどの企画が面白かったから。今もたまに見ているが、昔ほどではない」(滋賀県、20代男性)などの声が寄せられました。
 

1位:はじめしゃちょー

1位は日本を代表する人気YouTuberの1人、はじめしゃちょーさんでした。甘いマスクと、子ども心を忘れない挑戦で、子どもから大人まで楽しめる動画で知られています。3億円の豪邸を購入したことでも話題になりました。※7月15日公開の動画で、4億円に訂正

メインチャンネルである「はじめしゃちょー(hajime)」のチャンネル登録者数は、2023年8月時点で約1060万人。大人から子どもまでファンが多く、All About編集部が実施した「イケメンだと思うYouTuber」ランキングでは堂々1位にランクイン! さらに、「好きなYouTuber(芸能人除く)」ランキングでは2位にランクインにしています。

回答では「昔見ていたが最近は見なくなった」(千葉県、30代女性)、「youtube見始めた頃は誰を見ていいか分からず、はじめしゃちょーのゲーム動画を見てた」(東京都、40代女性)などの声が寄せられました。
 

>9位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです
 

この記事の筆者:チバ ミサキ
美大卒業後、新聞社などに勤務。デザイナー兼ライター。趣味は掃除と植木の世話。 暮らしかたも文章もシンプルさを目指していきたいです。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化