「人におすすめしたいYouTuber」ランキング! 2位「東海オンエア」、1位は?【2023年最新調査】

All About編集部は7月13~23日、全国10~60代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施。その中から「人におすすめしたいYouTuber」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「東海オンエア」)

気軽に楽しめる動画や親しみを感じる人柄などから、若い人を中心に人気を集めているYouTuber。自分が好きなYouTuberは、周りの人にもその良さを知ってもらいたくなりますよね。
 

All About編集部は7月13~23日、全国10~60代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「人におすすめしたいYouTuber」ランキングを見ていきましょう!
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

2位:東海オンエア

2位に選ばれたのは、6人組YouTuberグループ「東海オンエア」でした。メンバーはてつやさん、しばゆーさん、りょうさん、としみつさん、ゆめまるさん、虫眼鏡さんで、2013年からYouTubeへの動画投稿を開始しました。
 

現在ではメインチャンネル「東海オンエア」、サブチャンネル「東海オンエアの控え室」、メンバーの個人チャンネルなど、複数のチャンネルが開設されています。
 

動画のコンセプトは「子どもがやりたくてもやれないことを代わりにやる」。主にネタ動画やドッキリ、体を張った企画など、過激なチャレンジを得意としています。人気の動画の1つに、「視聴者がいなさそうな僻地に、1日中滞在したら声をかけてもらえるのか」という検証企画などがあります。
 

アンケートでは、「メンバーのことがあまりわかっていなくても笑える企画ばかりだからです」(愛知県、20代女性)、「メンバー全員個性的なので、見ていて飽きないし、YouTuberらしい企画が見ていて面白いから」(三重県、20代女性)、「東海オンエアは企画が面白い」(大分県、20代男性)などの回答が寄せられました。

 

1位:HIKAKIN

1位に選ばれたのは、ヒューマンビートボクサーとしても活躍し、圧倒的な知名度で幅広い年齢層に人気のYouTuber「HIKAKIN」でした!
 

高校卒業後、スーパーの店員として働いていたHIKAKINさん。夜の時間などに撮影したヒューマンビートボックス動画を、まだ今ほど知名度の高くなかったYouTubeに投稿する生活を送っていました。そして「YouTubeパートナープログラム」への参加を申請し、広告収入を得ようとしましたが、なんとYouTube側が却下。この経験をきっかけに、視聴者側の視点に立った動画制作を心掛けるようになったのだそうです。
 

2010年に投稿した動画『Super Mario Beatbox』で一躍有名になると、この動画でYouTubeにおける日本国内月間アクセス1位を記録。YouTube側から、念願だった「パートナー」のオファーが来ることになりました。
 

炎上などで話題となるYouTuberもいる中、HIKAKINさんの動画は“子どもにも安心して見せられる内容”として支持を集めています。家族みんなで楽しめるコンテンツが多いことが、人気の秘訣(ひけつ)とも言えるでしょう。
 

アンケートでは「誰も傷つかないコンテンツだから」(兵庫県、30代女性)、「日本のトップYouTuberだからです」(熊本県、20代男性)、「どの企画も大人から子供まで一緒に楽しめて面白いからです」(埼玉県、40代女性)などの声が寄せられました。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

※回答者コメントは原文ママです
 

この記事の筆者:チバ ミサキ
美大卒業後、新聞社などに勤務。デザイナー兼ライター。趣味は掃除と植木の世話。 暮らしかたも文章もシンプルさを目指していきたいです。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」