「好きなYouTuber」ランキング! 2位「はじめしゃちょー」、1位は?【2023年最新調査】

All About ニュース編集部は7月13~23日、全国10~60代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施。「好きなYouTuber(芸能人除く)」ランキングで1位に選ばれたのは?(画像出典:はじめしゃちょーさんのYouTubeチャンネル「はじめしゃちょー(hajime)」)

YouTubeはひとたびバズれば一気に有名人になったり、お金を稼いだりすることもできるため、若者を中心に多くの支持を集めています。
 

All About ニュース編集部は7月13~23日、全国10~60代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「好きなYouTuber(芸能人除く)」ランキングを紹介します!
 

>20位までの全ランキング結果を見る

 

2位:はじめしゃちょー

2位にランクインしたのは、YouTuberマネジメント事務所「UUUM」所属のYouTuber、はじめしゃちょーさんでした。大学の同級生と結成した「はじめカンパニー」で動画投稿を開始。その後個人チャンネルも開設し、名前も現在の「はじめしゃちょー」となりました。
 

個人、グループ含め、複数のチャンネルを持っていますが、メインチャンネルの「はじめしゃちょー(hajime)」では、多岐にわたる挑戦や実験の動画を投稿し、好評を得ています。2023年8月時点でのチャンネル登録者数は約1060万人を誇ります。
 

「企画が面白いから」(東京都、20代女性)、「大変親しみを感じるからです」(愛知県、40代男性)、「見ていると楽しくて元気になれる。人柄が良さそう」(新潟県、40代女性)などの意見が寄せられました。
 

1位:HIKAKIN

1位に選ばれたのは、ヒューマンビートボクサーとしても知られるYouTuber、HIKAKINさんでした! 小学生の頃、テレビの影響でヒューマンビートボックスに興味を持ち、高校生でライブ活動を開始。同時に、YouTubeでも動画を投稿するようになります。

高校卒業後はスーパーの店員として働き、動画投稿を継続。『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのBGMをビートボックスにした動画などをきっかけにアクセスが増加。さらに国内外のトップクリエイターの技術を研究するなどし、YouTubeの広告収入だけで生活する、日本を代表するYouTuberとなりました。「HikakinTV」のチャンネル登録者数は2023年8月時点で約1160万人。最近は20億円もする一軒家にも賃貸契約で住み始めたと公表し、話題になっています。
 

回答者からは「子供が見ても害がないから」(兵庫県、30代女性)、「ユーチューバーと言えばやはり彼」(岡山県、40代女性)、「常に笑顔で動画を見ていると元気をもらえるから」(奈良県、10代男性)などの声が寄せられました。

>20位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです
 

この記事の筆者:チバ ミサキ
美大卒業後、新聞社などに勤務。デザイナー兼ライター。趣味は掃除と植木の世話。 暮らしかたも文章もシンプルさを目指していきたいです。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」