どうする学校?どうなの保護者? 第5回

「指導死」を授業で扱ったのは是か非か? 子どもの死をタブー視する、残念な日本の教育

関西の高校に勤める先生から、久しぶりの連絡をもらいました。「今年は教壇に立っていない」というので驚いて何があったのか尋ねると、授業で扱った内容が不適切だったとして、研修命令を受けているとのこと。一体、どんな授業だったのでしょうか。

大人が口を閉ざせば子どもは学ぶ機会を失う

「指導死」を授業で扱ったのは是か非か?
「指導死」を授業で扱ったのは是か非か?

カワカミ先生の授業や行動については、賛否両論あるかもしれません。教育委員会の指摘については、筆者もある程度は同意します。結果的にご遺族が喜んでくれたからよかったものの、そうはならない可能性もあったからです。
 
それでも、実際に生徒たちの感想文を受け取ったご遺族の反応を聞くと、全面否定する気にもなれません。生徒が亡くなったあと、学校や教育委員会の関係者たちが一様に口を閉ざすなか、突然とはいえ同校の教員がわざわざ遠くから来訪し、わが子の遺影に手を合わせてくれたのです。それはやはり、うれしかったでしょう。
 
また、自分が通う学校で起きた事件を生徒たちが学んだのも、貴重なことと感じます。いたましい事件だからこそせめて記憶され、教訓として生かされたいものです。亡くなった生徒やご遺族も、それを望んでいるのでは。
 
しかし、この件を筆者が知人に話したところ、「自殺について思春期の子どもに教えると、誘発する危険があるのでは?」と言われ、うーんと考え込んでしまいました。
 
確かに慎重に取り上げなければならないテーマですが、ここで考えるべきは、自ら死を選ぶにいたらしめた経緯など、外的な要因です。タブーにして扱いを自粛すれば、問題は改善されず、同じようなことが繰り返されかねません。「過労死」と同様です。

もっと子どもの死をオープンに語るべき

指導死を学校で教えることについて、どう考えればよいのか? 「指導死親の会」共同代表の大貫隆志さんに尋ねてみました。息子さんを指導死で亡くした経験がある大貫さんは、「もっと死をオープンに語るべきだ」と言います。
 
「私はこれまで、小・中学校、高校、大学、少年院の皆さんに、指導死やいじめ自殺について話をしてきています。子どもたちはとても真剣に話を聞いてくれますし、家族や友人との関係のなかで自分が体験してきたことを踏まえ、感想も寄せてくれます。
 
一方で大人のほうは、子どもの死について知識をもち、それを子どもに届く言葉で話せる人がほとんどいません。『寝た子を起こすな』と言って口を閉ざしてしまうため、結果的に子どもたちは、死を正面から考える機会を奪われてしまいます。性教育と似たような構造です。もっと死をオープンに語るべきですし、議論を深めていったほうがいいと思います」
 
ご遺族とのやりとりに関する是非はともあれ、指導死を扱ったカワカミ先生の授業は、悪いものではなかったように筆者は感じます。学校が子どもたちに「自殺」や「死」をどのように教えるかを考えるきっかけの1つにできないものでしょうか。


<最初から読む


この記事の執筆者:大塚 玲子 プロフィール
ノンフィクションライター。主なテーマは「PTAなど保護者と学校の関係」と「いろんな形の家族」。著書は『さよなら、理不尽PTA!』『ルポ 定形外家族』『PTAをけっこうラクにたのしくする本』『オトナ婚です、わたしたち』ほか。ひとり親。定形外かぞく(家族のダイバーシティ)代表。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性