AIに負けない子の育て方 第1回

京大も。高偏差値の大学が「総合型選抜」入試を続々採用ーー新しい時代に“成功する子”の親は何が違うのか

【連載:AIに負けない子の育て方】生成AIの登場で、AIが人類に与える影響が取り沙汰されています。先が見えないVUCA時代。わが子に幸せになってほしいけれど、何をすれば良いのか分からず悩む子育て世代が、自分なりの子育ての軸を作るヒントをご紹介します。

【連載:AIに負けない子の育て方ーVol.1ー】

AI時代の子育てで大切なことって?

偏差値型の教育から探究的な学びへ

はじめまして。中曽根陽子です。

私は、数少ないお母さん目線に立つ教育ジャーナリストとして、長い間教育の世界を見てきました。その仕事を通して、偏差値型の教育から探究的な学びへシフトしていくことが必要だと痛感し、ずっとそういう発信をしてきた人間です。

また、自分自身が子どもとの関わり方に悩んだときに子育てコーチングを学び、親子関係が変わったことから、子どもが本来持っている力を生かして、幸せに生きていくために親はどう関わればいいのかを探究してきました。

そして、お母さんが幸せな子育てを探究する「マザークエスト」を立ち上げて、これまで私が学んできたポジティブ心理学や、脳科学、方眼ノートなどのメソッドを組み合わせた、ウェルビーイング子育て実践講座を開催しています。

そんな私が、この度「All About NEWS」で連載をさせていただくことになりました。

「やりたいことを見つけてほしい!」と願う親が増えている一方で悩みも

私は、マザークエストの講座や講演などで、お母さんたちとお話をする機会が多いのですが、最近は「勉強ができるようになってほしい」というより、「やりたいことを見つけてほしい」と願い、そのためにできるだけのことをしてあげたいと思っている親御さんが増えているように感じます。

すてきだなと思います。

一方で、「子どもが意欲的でない」とか、「やりたいことがない」といった悩みを抱える人が増えているようにも感じています。

今は、私が子育てをしていた頃より情報はあふれていて、才能を発揮して輝いているお子さんの話などが目につくので、余計そう思ってしまうのかもしれません。

しかも、今は時代の変わり目で、これまでの常識や価値観が通用しなくなってきています。いい大学を出たからといって、いい仕事に就けて、一生安泰なわけではない。

ChatGPTに代表される生成AIの出現で、またAIに人間の仕事が取って代わられるのかという議論が沸き起こっています。

既存の職業の中には、なくなるものも出てくるでしょう。そんな変化の時代だからこそ、不安を感じて焦ってしまうのも分からなくはないのですが、不安から行動してもいい結果にはつながりません。


>次ページ:AI時代の子育てで大切なこと
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応