NHK“ポスト和久田”アナは誰? 注目の女性アナウンサーを元テレビ局スタッフが解説

多くの良質な番組を放送しているNHKでは、女性アナウンサーがさまざまな場面で活躍しています。NHKの中でも人気の高い和久田麻由子アナウンサーの次を担う、エースアナウンサーは誰でしょうか?

「ポスト和久田麻由子アナ」は誰か?
和久田麻由子アナウンサーの次を担うエースアナウンサーは?(画像出典:TK Kurikawa / Shutterstock.com)

ニュースやスポーツ、ドラマやバラエティなど多くの人気番組を放送しているNHK。各番組には、同局のアナウンサーが多く出演しています。
 

NHKは全国各地に放送局があり、さまざまなアナウンサーが在籍。中でも「東京アナウンス」室に所属している女性アナウンサーは全国放送の番組を中心に活躍していることもありファンが多く、独立後も有働由美子さんや神田愛花さんのように活躍しているフリーアナウンサーも存在します。
 

この記事では元テレビ局スタッフの筆者が、NHKの注目すべき女性アナウンサーを紹介していきます。
 

>参考:NHKの「好きな女性アナウンサー」ランキング! 3位「桑子真帆」アナ、2位「鈴木奈穂子」アナ、1位は?
 

男女問わず人気を集める人気の和久田麻由子アナウンサー

NHKで2023年現在、エースアナウンサーとして人気なのが和久田麻由子さんです。和久田さんは2011年にNHKへ入局すると、これまで『NHK紅白歌合戦』で2度も司会を務め、さらに『NHKニュースおはよう日本』『ニュースウオッチ9』でメインキャスターを担当。東京大学経済学部を卒業した経歴と、可憐なルックスで男女問わず人気を集めています。

『ニュース7』で復帰した和久田麻由子アナウンサー
『NHKニュース7』で復帰した和久田麻由子アナウンサー※画像中央(画像出典:NHK『NHKニュース7』公式Webサイト

そんな和久田さんは、2022年夏に第1子を出産。育休期間を経て2023年4月から『NHKニュース7』で復帰したことが大きな話題となりました。変わらぬ人気を誇る和久田さんですが、現在は子育てもあり仕事は若干セーブ中。そこで、次なるエースアナウンサーは誰になるのか注目が集まっています。
 

ニュースから音楽まで、『ブラタモリ』でブレークした林田理沙アナウンサー

まず紹介したいのが、林田理沙さんです。林田さんは2014年にNHKへ入局したアナウンサーで、人気番組『ブラタモリ』で5代目アシスタントを担当。品がありおしとやかな印象で、進行能力も安定していて番組に出演するタモリさんとの相性も抜群でした。
 

その後も活躍は続き、『NHKニュース7』『ニュースウオッチ9』など、NHKの人気女性アナウンサーの登竜門的な番組でキャスターを担当。さらに音楽番組でも大活躍します。

『ニュースウオッチ9』に出演中の林田理沙アナウンサー※画像中央(画像出典:NHK 『ニュースウオッチ9』公式Webサイト)
『ニュースウオッチ9』に出演中の林田理沙アナウンサー※画像中央(画像出典:NHK『ニュースウオッチ9』公式Webサイト

林田さんはNHKの女性アナウンサーとしては異色の経歴の持ち主で、東京芸術大学の音楽学部楽理科を卒業してNHKに入局。絶対音感があるといわれ、ピアノをはじめとする楽器の腕前も相当なものです。
 

これまでもクラシック関連の番組の司会や進行を担当していますが、注目すべきは『星野源のおんがくこうろん』(NHK Eテレ)への出演。ミュージシャンで俳優の星野源さんが司会を務める音楽教養番組で、ディープでマニアックな音楽も紹介することで人気です。林田さんも多彩な音楽の知識を披露し、ファンを拡大させるキッカケにもなりました。
 

音楽の知識が豊富なだけに、今後『NHK紅白歌合戦』の司会も期待されているアナウンサーの1人です。
 

>次ページ:意外にバラエティ能力も高い、赤木野々花アナウンサー
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても