声が好きな「NHKのアナウンサー」ランキング! 3位「井上あさひ」アナ、2位「桑子真帆」アナ、1位は?

NHKはスキルの高いアナウンサーが多数在籍していおり、その声にもたびたび注目が集まります。今回はAll About編集部が調査したアンケート結果から、声が好きな「NHKのアナウンサー」ランキングを紹介します。

声が好きな「NHKのアナウンサー」ランキングで1位に選ばれたのは?

良質な番組を多く制作するNHKでは、アナウンサーにも高い技術が求められます。特に正確で聞き取りやすい声が求められ、番組によってトーンを使い分けることもあるようです。
 

All About編集部は2月6日~3月27日、全国10~70代の402人を対象に「NHKのアナウンサー」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、声が好きな「NHKのアナウンサー」ランキングを紹介します。
 

>9位までの全ランキング結果を見る

 

3位:井上あさひ

3位には、井上あさひさんがランクイン。2004年に入局したアナウンサーで、鳥取、広島の放送局では地上デジタル放送推進大使を担当。きれいなビジュアルですぐに注目を受け、NHKの東京アナウンス室では『ニュースウオッチ9』『ニュースきょう一日』などを担当。優しく癒し系の声をしていて、大河ドラマ『平清盛』では、「清盛紀行」のナレーションを務めました。
 

回答者からは「落ち着いていながら、溶け込むような声が素敵だから」(40代女性/大分県)「聞き取りやすい声(トーン)だと思うから」(40代女性/兵庫県)「聞き取りやすくて、ストレスを全く感じないで済む」(50代男性/東京都)などの声が寄せられました。
 

2位:桑子真帆

2位は、桑子真帆さん。2010年に入局。長野、広島の放送局で活躍し、2015年から東京アナウンス室に在籍します。『NHKニュース7』のサブキャスターなどを担当し、人気を広めた『ブラタモリ』でアシスタントを務めます。
 

全国的な知名度を獲得し、『ニュースウオッチ9』『NHKニュースおはよう日本』などのNHKがほこる看板番組に出演。少し低いトーンで落ち着きがある桑子さんの声は、ニュース番組にピッタリでした。現在は、『クローズアップ現代』でキャスターを担当。番組の内容によってトーンをコントロールし、幅広く対応できるスキルを持っています。
 

回答者からは「ニュースが分かりやすく聞きやすいと思う」(30代女性/北海道)「ちょっと鼻が詰まったような声が好き」(40代男性/埼玉県)「聞いていてとても落ち着くから」(50代女性/神奈川県)などの声が寄せられました。
 

1位:和久田麻由子

1位に選ばれたのは、和久田麻由子さんでした。2011年に入局し、岡山放送局に所属。2014年には東京アナウンス室に異動し、すぐに『NHKニュースおはよう日本』のキャスターに抜てきされます。見た目の華やかさと、落ち着きがあり聞き取りやすい声で大人気に。
 

その後は『ニュースウオッチ9』や『NHK紅白歌合戦』の司会などで、その美声を聞かせてきました。現在も局を代表するエースアナとして知られる和久田さんは、4月から『NHKニュース7』で産休から復帰。今後のNHKを背負って立つアナウンサーとして、さらなる期待が寄せられます。
 

回答者からは「大人っぽいしっかりした声でアナウンサー向けだと思います」(30代男性/千葉県)「柔らかい声が落ち着く」(30代女性/香川県)「ナレーションとして聞いていても心地良く感じる」(50代女性/東京都)などの声が寄せられました。


>9位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
NHKの「好きなアナウンサー」ランキング! 3位「桑子真帆」アナ、2位「和久田麻由子」アナ、1位は?
フリーでも活躍しそうな「NHKのアナウンサー」ランキング! 「和久田麻由子」アナを抑えた1位は?
NHKの「好きな男性アナウンサー」ランキング! 3位「小田切千」アナ、2位「青井実」アナ、1位は?
NHKの「好きな女性アナウンサー」ランキング! 3位「桑子真帆」アナ、2位「鈴木奈穂子」アナ、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】