NHKの「好きなアナウンサー」ランキング! 3位「桑子真帆」アナ、2位「和久田麻由子」アナ、1位は?

さまざまな人気番組を放送しているNHKでは、人気の高いアナウンサーが多く在籍しています。今回は、男女合わせて総合的に読者から人気の高いアナウンサーのランキングを紹介します。

NHKの「好きなアナウンサー」ランキングで1位に選ばれたのは?

質の高い番組を多く放送しているNHKでは、実力派のアナウンサーが男女問わず在籍しています。All About編集部は2月6日~3月27日、全国10~70代の402人を対象に「NHKのアナウンサー」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「好きなアナウンサー」の総合ランキングを紹介します。
 

>9位までの全ランキング結果を見る
 

3位:桑子真帆

3位は、桑子真帆さんでした。2010年に入局したアナウンサーで、長野放送局などを歴任し現在は東京アナウンス室に在籍しています。これまで『NHKニュース7』『ニュースウオッチ9』『NHKニュースおはよう日本』など、局を代表するニュース番組を担当。そんな桑子さんを一躍有名にしたのが、バラエティ番組『ブラタモリ』のアシスタントでした。気さくな性格と、ビジュアルの良さで視聴者から人気を集めることになります。
 

現在は、『クローズアップ現代』にキャスターとして出演中。安定したアナウンス技術を持ち、男女問わず評価の高いアナウンサーです。
 

回答者からは「NHKで飛び抜けて美しい」(40代男性/東京都)、「さわやかな印象と落ち着いた口調であり、物腰が柔らかく知的な雰囲気がする」(50代女性/東京都)、「バラエティ番組も報道番組もできるから」(40代男性/福島県)などの声が寄せられました。
 

2位:和久田麻由子

2位は、和久田麻由子さんです。2011年に入局し、岡山放送局などを経て東京アナウンス室に所属。東京大学経済学部卒の経歴を持ち、正確なアナウンス技術を武器に『NHKニュースおはよう』『日本ニュースウオッチ9』などでキャスターを担当しました。
 

『NHK紅白歌合戦』の司会でもおなじみで、幅広い世代から人気を集めています。親しみやすい笑顔と爽やかなビジュアルが魅力で、現在は『NHKニュース7』で産休から復帰し活躍中です。
 

回答者からは「頭の回転が良さそうで、見ていて安心するから」(30代女性/東京都)、「清楚でとても感じがいいアナだと思うから」(30代男性/千葉県)、「かわいいけれど芯がしっかりしていて、アナウンスがとてもうまいから」(30代女性/愛知県)などの声が寄せられました。
 

1位:鈴木奈穂子

1位に輝いたのは、鈴木奈穂子さんです。2004年に入局し、高松放送局などを歴任した後に東京アナウンス室へ所属します。親しみやすいキャラクターで人気を集め、同局の人気番組『NHKニュースおはよう日本』『ニュースウオッチ9』『NHKニュース7』でキャスターを担当します。
 

全国的に人気を集めた後、2021年から『あさイチ』の司会に抜てきされます。爽やかな笑顔は、平日朝の情報番組にピッタリ。司会を務めるお笑いコンビ・博多華丸、大吉さんとの相性も良いと好評です。
 

回答者からは「親近感があるのと、素の部分が出ていてかわいらしい」(40代女性/大分県)、「お顔立ちもキリっとしていて、笑ったり泣いたりする表情の豊かさも素敵です」(40代女性/東京都)、「朝ドラ受けがよい」(40代男性/兵庫県)などの声が寄せられました。


>9位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
フリーでも活躍しそうな「NHKのアナウンサー」ランキング! 「和久田麻由子」アナを抑えた1位は?
NHKの「好きな男性アナウンサー」ランキング! 3位「小田切千」アナ、2位「青井実」アナ、1位は?
NHKの「好きな女性アナウンサー」ランキング! 3位「桑子真帆」アナ、2位「鈴木奈穂子」アナ、1位は?
声が好きな「NHKのアナウンサー」ランキング! 3位「井上あさひ」アナ、2位「桑子真帆」アナ、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化