フリーでも活躍しそうな「NHKのアナウンサー」ランキング! 「和久田麻由子」アナを抑えた1位は?

NHKでは、これまで男女問わず多くの人気アナウンサーがフリーに転身してきました。今回はAll About編集部が実施したアンケート調査から、フリーになっても活躍しそうな「NHKのアナウンサー」ランキングを紹介します。

フリーでも活躍しそうな「NHKのアナウンサー」ランキングで1位に選ばれたのは?

NHKでは、これまで多くの人気アナウンサーがフリーに転身してきました。独立後は民放テレビ局のキャスターなどを務めることが多く、さまざまなジャンルの番組で活躍しています。
 

All About編集部は2月6日~3月27日、全国10~70代の402人を対象に「NHKのアナウンサー」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、フリーになっても活躍しそうな「NHKのアナウンサー」のランキングを紹介します。
 

>9位までの全ランキング結果を見る
 

3位:鈴木奈穂子

3位にランクインしたのは、2004年に入局した鈴木奈穂子さん。『NHKニュースおはよう日本』などに出演し、爽やかなビジュアルと正確なアナウンス技術で人気アナウンサーに成長。ニュース以外にも、『ロンドンオリンピック』『ゆく年くる年』のリポーターとしても活躍しています。
 

『ニュースウオッチ9』『NHKニュース7』などの出演で全国的な知名度を持ち、さらに現在担当している『あさイチ』では見事な進行を披露。お笑いコンビ「博多華丸」大吉さんとのコンビネーションも良く、フリーになっても活躍できるスキルを持つアナウンサーの1人です。
 

回答者からは「バランスの良い方なので、情報番組やトーク番組などで活躍できると思います」(40代女性/東京都)「NHKのアナウンサーの中では、親近感があるように思う」(40代女性/埼玉県)「バラエティにむいていそうだから」(40代女性/福岡県)などの声が寄せられました。
 

2位:和久田麻由子

2位にランクインしたのは、2011年に入局した和久田麻由子さんです。これまで『NHKニュースおはよう日本』『ニュースウオッチ9』などニュース番組を主に担当。確かなアナウンス技術をもち、爽やかかなビジュアルで国民的な人気を獲得します。
 

ニュース番組以外にも、『NHK紅白歌合戦』の司会や『ダーウィンが来た!』のナレーションを担当。経験豊富でどんな番組でも司会進行を任せられ、フリーになっても活躍しそうです。現在は『NHKニュース7』で産休から復帰したばかりなので、すぐに独立ということはなさそうですが、今回は多くの票を集めました。
 

回答者からは「歴代でも、容姿・能力ともに高いレベルの方だと思うから」(40代男性/静岡県)「基本的にはフリーになって欲しくはないが、あえて選ぶとしたら」(40代男性/北海道)「色々なジャンルの番組でも臨機応変に対応できそうだから」(50代女性/東京都)などの声が寄せられました。
 

1位:桑子真帆

1位にランクインしたのは、2010年に入局した桑子真帆さんです。現在のNHKを引っ張る人気アナウンサーで、バラエティからニュースまでさまざまな番組を担当。マルチに司会進行を務め、フリーになってもさまざまなジャンルの番組に出演できそうです。
 

現在は『クローズアップ現代』のキャスターも担当しており、今後も幅広いジャンルでの活躍が期待されますね。
 

回答者からは「タモリさんが絶賛したので間違いないでしょう」(40代男性/埼玉県)「もともとNHKっぽくないので、民放に出てても違和感ない」(40代男性/東京都)「インタビューでも落ち着いていて、度胸がありそうだから」(50代女性/三重県)などの声が寄せられました。


>9位までの全ランキング結果を見る


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
NHKの「好きなアナウンサー」ランキング! 3位「桑子真帆」アナ、2位「和久田麻由子」アナ、1位は?
声が好きな「NHKのアナウンサー」ランキング! 3位「井上あさひ」アナ、2位「桑子真帆」アナ、1位は?
NHKの「好きな男性アナウンサー」ランキング! 3位「小田切千」アナ、2位「青井実」アナ、1位は?
NHKの「好きな女性アナウンサー」ランキング! 3位「桑子真帆」アナ、2位「鈴木奈穂子」アナ、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ