NHKの「好きな女性アナウンサー」ランキング! 3位「桑子真帆」アナ、2位「鈴木奈穂子」アナ、1位は?

NHKには、人気のアナウンサーが多数在籍しています。今回は、女性アナウンサーを対象に、人気ランキングを調査。全世代から支持を得ているNHKの人気女性アナウンサーは?

NHKの「好きな女性アナウンサー」ランキングで1位に選ばれたのは?

これまで、多くの人気女性アナウンサーを生み出してきたNHK。担当する番組やプライベートなども注目され、アイドル的な人気を獲得するアナウンサーもいます。
 

All About編集部は2月6日~3月27日、全国10~70代の402人を対象に「NHKのアナウンサー」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「NHKの好きな女性アナウンサー」ランキングを紹介します。
 

>9位までの全ランキング結果を見る

 

3位:桑子真帆

3位は、2010年に入局した桑子真帆さんです。華やかな見た目と、アナウンス技術の高さが注目される桑子さん。ブレークしたキッカケは『ブラタモリ』への出演でした。タモリさんとの相性も抜群で、気さくな人柄が人気に。さらに、『NHKニュース7』『ニュースウオッチ9』『NHKニュースおはよう日本』などのニュース番組で全国的な知名度を高めます。
 

2021年9月には、俳優の小澤征悦さんと再婚して話題を集めます。現在は、『クローズアップ現代』でキャスターを担当。バラエティからニュースまで幅広く対応できるスキルを持っています。
 

回答者からは「アシスタント能力が高く、今はメインを張っていますがどちらもできるバイプレイヤー」(40代男性/東京都)「明るさ、さわやかさ、知的さ、美しさを兼ね備えていてどんな番組、場面でも落ち着いて見ていられる」(50代女性/東京都)「メイクや服装をよく参考にさせてもらってます」(20代女性/徳島県)などの声が寄せられました。
 

2位:鈴木奈穂子

2位は、2004年に入局した鈴木奈穂子さんです。入社後すぐに爽やかなルックスが話題となり、『首都圏ネットワーク』などで活躍。さらに、『NHKニュースおはよう日本』で全国的な知名度を獲得します。その後、『ニュースウオッチ9』『NHKニュース7』など、NHKの人気アナウンサーが担当する番組でキャスターを務めます。
 

現在は『あさイチ』で、お笑いコンビ・博多華丸、大吉さんと一緒に平日朝の情報番組を担当。庶民的なコメントも多く、主婦層を中心に人気を拡大しています。
 

回答者からは「現在は柔和で親しみやすさを感じるから」(50代女性/三重県)「あさイチを見て好きになりました。朝ドラ受けが実に可愛くて好感が持てます」(50代女性/神奈川県)「視聴者からのメッセージの紹介も、ギリギリまでたっぷりされていて優しい印象を受けます」(40代女性/東京都)などの声が寄せられました。
 

1位:和久田麻由子

1位にランクインしたのは、2011年に入局した和久田麻由子アナでした。東京大学経済学部卒の経歴を持ち、ビジュアルも良く知的なイメージで人気を獲得。正確なアナウンス技術を武器に、『NHKニュースおはよう日本』『ニュースウオッチ9』など主にニュース番組を担当してきました。さらに、『NHK紅白歌合戦』の司会を務めるなど、局を代表するエースアナウンサーとして活躍。

 

現在は、『NHKニュース7』で産休から復帰したばかり。和久田さんの復帰を待ち望んでいた視聴者も多く、SNSなどで早くも高評価を得ています。
 

回答者からは「落ち着きの中に、かわいらしさも合わせ持っている雰囲気が好きです」(50代女性/福岡県)「落ち着いた声色と、ミスのないニュース読みが好き」(20代女性/長野県)「凛とした佇まいと、機転の利くコメントが好きだからです」(40代男性/千葉県)などの声が寄せられました。


>9位までの全ランキング結果を見る


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
NHKの「好きな男性アナウンサー」ランキング! 3位「小田切千」アナ、2位「青井実」アナ、1位は?
NHKの「好きなアナウンサー」ランキング! 3位「桑子真帆」アナ、2位「和久田麻由子」アナ、1位は?
フリーでも活躍しそうな「NHKのアナウンサー」ランキング! 「和久田麻由子」アナを抑えた1位は?
声が好きな「NHKのアナウンサー」ランキング! 3位「井上あさひ」アナ、2位「桑子真帆」アナ、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】