「アナウンサーが好きなテレビ局」ランキング! 2位「NHK」、1位は?

多くの番組を放送しているテレビ局では、専属のアナウンサーが活躍しています。今回はAll About編集部が実施した独自のアンケート調査から、「アナウンサーが好きなテレビ局」ランキングを紹介します。

全国500人に聞いた「アナウンサーが好きなテレビ局」ランキング

ニュースからスポーツ、バラエティまで、テレビ局では日々さまざまな番組を放送しています。多くの番組では男女問わずアナウンサーが出演し、芸能人並みの人気を獲得しています。
 

今回はAll About編集部が5月29日~6月2日、全国10~70代の男女500人を対象に実施した「テレビ局」に関する独自のアンケート調査から、「アナウンサーが好きなテレビ局」ランキングを紹介します。
 

>6位までの全ランキング結果を見る
 

2位:NHK

2位は、NHKです。日本の公共放送を担っているNHKは、視聴者から受信料を徴収して番組を放送しています。ニュースやスポーツ中継を中心に、最近ではバラエティ番組も多く放送。潤沢な予算を持っているため、良質な番組を制作して人気を集めています。
 

NHKでは、地方局も含めると数多くのアナウンサーが在籍しています。中でも、全国放送の番組を担当するのが「東京アナウンス室」に在籍しているアナウンサー。主に平日のニュース番組に出演するアナウンサーが人気を獲得するケースが多く、最近では和久田麻由子さんや林田理沙さんら女性アナウンサーが支持を集めています。『あさイチ』の司会を担当する鈴木奈穂子さんや、『クローズアップ現代』のキャスター・桑子真帆さんらも人気です。
 

男性アナウンサーは、『ニュースウオッチ9』 キャスターの青井実さん、『NHKニュース7』の瀧川剛史さんらが、爽やかなビジュアルと安定したアナウンス力で人気を集めています。
 

回答者からは「ていねいな言葉遣いをしていて、違和感なく聞いていられる点と、やはり聞きやすいアナウンスはNHK」(静岡県/60代女性)、「変にチャラチャラしていない点に好感を持てます」(千葉県/40代男性)、「タレント化した女子アナが少なく、報道を落ち着いて見ていられる」(大阪府/40代女性)といった声が寄せられています。
 

1位:日本テレビ

1位は、日本テレビでした。民放テレビ局としては最も歴史があり、数多くの記憶に残る番組を放送。民放テレビ局における、「個人視聴率三冠」を12年連続で死守し続けています。
 

これまでも多くの人気アナウンサーを生み出してきた日本テレビですが、現在の代表的な存在は水卜麻美さんです。『ZIP!』や『有吉ゼミ』など人気番組を担当し、例年発表される「理想の上司」「好きな女性アナウンサー」ランキングで首位を獲得してきました。好感度が高く、日本を代表する女性アナウンサーとして知られています。
 

男性アナウンサーでは、『news every.』に出演中の藤井貴彦さんが人気。1994年入社のベテランアナウンサーで、安定したアナウンス技術に定評があります。All About編集部が実施した「日本テレビの好きなアナウンサーランキング」では、男女問わずベテランから新人まで人気の高いアナウンサーが多く票を獲得しました。
 

回答者からは「水卜さんが好きなのと、日テレは箱根駅伝などスポーツ中継などのアナウンサーが多いから」(長野県/40代女性)、「藤井貴彦アナが素晴らしい。視聴者に寄り添っている姿勢がひょっとしたら本気なのではと思わせるほど親身になっています」(千葉県/70代男性)、「しっかりとした人が多い印象だからです」(兵庫県/20代女性)といった声が寄せられています。


>6位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」