日本テレビの「好きな男性アナウンサー」ランキング! 2位「辻岡義堂」アナ、1位は?

All About編集部が実施した「日本テレビのアナウンサー」に関するアンケート調査から、「好きな男性アナウンサーランキング」を発表します。

辻岡義堂アナウンサー(画像出典:プレスリリース)
辻岡義堂アナウンサー(画像出典:プレスリリース

局の看板を背負って活躍している日本テレビのアナウンサーたち。安心感のある情報発信で好評を博す人もいれば、番組を明るく盛り上げるタレント性で人気を集める人もいます。
 

All About編集部は2月6日~3月8日、全国10~60代の456人を対象に「日本テレビのアナウンサー」に関するアンケート調査を実施しました。ここでは日本テレビの「好きな男性アナウンサーランキング」を発表します。
 

>10位までの全ランキングを見る
 

3位:安村直樹

3位に選ばれたのは安村直樹さん。安村さんは2012年に日本テレビに入社し、『ズームイン!!サタデー』『PON!』などに出演。現在は『シューイチ』『news zero』などに出演しているほか、夏季に行われる『高校生クイズ』の総合司会を務めています。
 

2020年には35キロの減量という大規模なダイエットを成功させ、体重を60キロにまで落とした姿が大きな反響を呼んだ安村さん。現在はふっくらとした体形に戻ってきつつあるようですが、明るく愛嬌(あいきょう)のあるキャラクターで、変わらず視聴者の支持を集めています。
 

回答者からは「いつも元気で、姿、表情、話し方共に癒しが伝わる(50代女性/茨城県)」「芸人さんのような立ち振る舞いをしたり、他の芸能人との絡みが面白く、好感度がある(40代男性/埼玉県)」「いつも笑顔でスポーツの実況を頑張っていて、スポーツニュースの顔になっている(50代女性/島根県)」などの声が寄せられました。
 

2位:辻岡義堂

2位には辻岡義堂さんがランクイン。辻岡さんは2009年に入社し、『シューイチ』『ズームイン!!サタデー』などに出演。現在は毎週土曜日に放送中の情報番組『ゼロイチ』や、スポーツ中継を担当しています。
 

宇宙開発に関心があると明かしている辻岡さん。2023年2月にはJAXA(宇宙航空研究開発機構)によって宇宙飛行士候補者が発表されましたが、実は辻岡さんも選抜試験を受験した1人でした。日本初の宇宙アナウンサーを目指し挑戦する様子をYouTubeなどで発信していましたが、結果は惜しくも不合格。それでも、夢に向かって努力する姿は多くの人を元気づけたのではないでしょうか。
 

回答者からは「何事にも一生懸命なところがいい(20代女性/埼玉県)」「いつもパワー全開、元気をもらえる(60代男性/東京都)」「声が好き。聞き取りやすく、柔らかい感じの声でとても心地いい(40代女性/大分県)」などの声が寄せられました。
 

1位:藤井貴彦

1位に選ばれたのは、藤井貴彦さんでした。藤井さんは1994年に日本テレビに入社。『ニュースプラス1』『ズームイン!!サタデー』などの番組やスポーツ中継を担当してきました。
 

現在は毎週月~金曜日放送の『news every.』に出演中。災害発生時には現場に入って被災地の状況を伝えるなど、報道の最前線から発信を続けています。
 

日々の出来事を伝える際に付け加える“一言コメント”がしばしば注目を集める藤井さん。社会では多様な意見があることを踏まえつつも自らの思いを易しい言葉で語る姿に心を動かされる視聴者も少なくないようです。
 

回答者からは「ニュースを読んだ際につける一言が、心に残る言葉が多い(30代女性/茨城県)」「コメント力の高さと、落ち着いた声のトーンが特に好きです(40代女性/神奈川県)」「言葉選びが素晴らしく、洗練されている。言葉で人の気持ちを動かすことができるアナウンサーだと思う(30代女性/東京都)」などの声が寄せられました。
 

>10位までの全ランキングを見る


【おすすめ記事】
好きな「日本テレビのアナウンサー」ランキング! 2位「藤井貴彦」アナ、1位は?
日本テレビの「好きな女性アナウンサー」ランキング! 3位「徳島えりか」アナ、2位「岩田絵里奈」アナ、1位は?
「声が好きな日本テレビのアナウンサー」ランキング! 3位「森富美」アナ、2位「藤井貴彦」アナ、1位は?
「フリーになっても活躍できそうな日本テレビのアナウンサー」ランキング! 2位「藤井貴彦」アナ、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽