日本テレビの「好きな女性アナウンサー」ランキング! 3位「徳島えりか」アナ、2位「岩田絵里奈」アナ、1位は?

All About編集部は2月6日~3月8日、全国10~60代の456人を対象に日本テレビのアナウンサーに関するアンケート調査を実施。「日本テレビの好きな女性アナウンサー」ランキングで1位に選ばれたのは?

日本テレビといえば、日本で初めて民放としてテレビ放送を開始したテレビ局。そのため歴史が長く、情報番組『ズームイン!!朝!』など、長く愛された番組も多く存在しています。
 

All About編集部は2月6日~3月8日、全国10~60代の456人を対象に日本テレビのアナウンサーに関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「日本テレビの好きな女性アナウンサー」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

3位:徳島えりか

3位には、現在夕方のニュース番組『news every.』や、毎週日曜朝の情報番組『シューイチ』などでキャスターを務める、徳島えりかアナウンサーがランクイン。これまでも朝の情報番組『ZIP!』にも出演するなど、その美しいルックスとサバサバした性格で高感度も高く、人気の女性アナウンサーとして知られています。中学・高校は女子御三家の1つ、女子学院出身、大学は慶應義塾大学法学部卒、さらに幼少期からバレエを習っているなど、育ちの良さが感じられますね。
 

回答では「バランスの良いアナウンサーだと思います」(兵庫県、60代男性)、「キャピキャピした女子アナのイメージと違ってサバサバしているところが好きだからです」(兵庫県、30代女性)、「バラエティ向けのキャピキャピしたアナウンサーが多い中、徳島アナのような落ち着いたアナウンサーがニュース番組にでているととても安心するから」(東京都、20代女性)などの声が聞かれました。

 

2位:岩田絵里奈

2位に選ばれたのは、2018年入社の岩田絵里奈アナウンサー。その清楚(せいそ)でかわいらしいルックスで、アイドル並みの人気を誇る岩田さん。実は中学時代から芸能活動をしており、以前はスターダストプロモーションに所属していたのだとか。どうりでかわいいわけです。現在は情報番組『スッキリ』で、加藤浩次さん、森圭介アナウンサーと共に司会を務めています。プロフィールの中で、どこでも、どんな体勢でも寝られるという、意外な一面も話しており、それが多忙なアナウンサーとしての生活を支える秘訣(ひけつ)なのかもしれませんね。また、テレビドラマへの出演経験もあるなど、その多彩さが感じられます。
 

回答理由には「可愛いので、見ていて癒されるので楽しみです」(三重県、40代女性)、「スッキリを担当されていてレギュラーの方たちとの掛け合いとか面白くて好きです」(栃木県、30代女性)、「可愛いから好きです」(北海道、40代男性)などの意見が寄せられました。

 

1位:水卜麻美

そして見事1位に選ばれたのは、女子アナウンサー界きっての知名度を誇る水卜麻美アナウンサーでした! 日本テレビの看板アナウンサーとして、通称「ミトちゃん」の愛称で親しまれ、幅広い年齢層に愛されている水卜さん。オリコン調査「好きな女性アナウンサーランキング」では、第10回(2013年)から第14回(2017年)まで5年連続で1位を獲得するなど、その高感度の高さはお墨付き。おいしそうに食べる姿が印象的で、明るく健康的なイメージが魅力ですね。朝の人気情報番組『ZIP!』の総合司会を務めるなど、バラエティ番組も含め引っ張りだこの人気。さまざまな番組で活躍中です。
 

「食べっぷりと笑顔が好きです。あとは豪快に笑うところも好きです」(神奈川県、40代女性)、「愛嬌があるから」(鹿児島県、30代男性)、「もはや日本テレビといえば、というぐらいのレベルだし、色んな芸人さんとも上手くやれそう」(兵庫県、30代女性)などの回答理由が挙げられました。
 

>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
好きな「日本テレビのアナウンサー」ランキング! 2位「藤井貴彦」アナ、1位は?
日本テレビの「好きな男性アナウンサー」ランキング! 2位「辻岡義堂」アナ、1位は?
「声が好きな日本テレビのアナウンサー」ランキング! 3位「森富美」アナ、2位「藤井貴彦」アナ、1位は?
「フリーになっても活躍できそうな日本テレビのアナウンサー」ランキング! 2位「藤井貴彦」アナ、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化