今年の27時間テレビ、「見ない予定」が「見る予定」を上回った理由は? 27時間テレビに何を期待する?

7月22~23日にかけて放送される『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)を目前に控え、All About編集部では独自アンケート調査を実施。回答者からは、過去の放送や今回の放送について、さまざまな意見が寄せられました。

2023年は7割以上が「見ない」「分からない」と回答。理由は?

調査時点では「分からない」とする人が多数。「見ない予定」は「見る予定」を上回る

7月22~23日に放送予定の今年の『FNS27時間テレビ』について、「見ない予定」と回答した人は24%、「見る予定」が33%、「分からない」が43%でした。

「見る予定」と回答した人の理由は、「家族で揃ってみる(60代男性)」「千鳥、かまいたち、ダイアンが司会なので必ず見ます(40代男性)」「好きなタレントさん、youtuberの方が出演する予定だから(20代女性)」「とりあえずテレビはつけっぱなしにすると思う(50代女性)」などのポジティブな意見が。

一方、「見ない予定」と答えた回答者からはネガティブなコメントが多く、「特に興味があるコンテンツがなかった(20代女性)」「バターン化しているから(40代男性)」「ダラダラ見るならネットで映画を見た方がいいから(50代女性)」「ネット動画の時代になっている(30代男性)」などのコメントが寄せられました。
 

今年の放送にはご時世を踏まえ「炎上しない」「社会が明るくなるように」と期待する声も

最後に、今年の『FNS27時間テレビ』に期待することを聞いたところ、以下のような声が集まりました。

「芸人の方がメインMCなので面白いことを期待したい(20代女性)」

「炎上などがなければいい(20代女性)」

「地上波をあまりみなくなったので、ネットと連動した企画などテレビの面白さが感じられること(40代女性)」

「とにかく面白い、腹から笑えて元気になれるようなことを期待する(30代女性)」

「面白くて、社会が明るくなるようなテレビにして下さい(30代男性)」

「基本家族で視聴するので、全世代に楽しめる番組作りを期待したいです(40代男性)」


4年ぶりに復活となる今回の『FNS27時間テレビ』では、「100kmサバイバルマラソン」や「FNS鬼レンチャン歌謡祭」などのスペシャル企画が実施されます。ネットでの動画視聴が増える昨今ですが、テレビならではの豪華企画をぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


※回答者コメントは原文ママです


<最初に戻る
 

調査概要

調査期間:7月3~5日
調査方法:インターネット調査
回答者属性:全国500人(10代6人、20代108人、30代168人、40代149人、50代56人、60代13人)


この記事の筆者:小沼克年 プロフィール
フリーライター及び編集補佐。スポーツの現場を取材する傍ら、テレビ好きが高じて複数のエンタメメディアでも執筆。中でもお笑い・バラエティ番組を網羅的に視聴し、エンタメ関連の情報収集源も大半がテレビから。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない