2023年の夏は「錦玉羹」が来る!? 涼しげな美しい見た目に編集部大興奮! 【実食リポ】

マリトッツォの次はコレ? 編集部が「2023年の夏はコレがはやるのではないか!?」と注目しているのは、爽やかな見た目が夏にぴったりの「錦玉羹」。実食リポとともにお届けします。

2023年にはやるのは「錦玉羹」!?

タピオカ、マリトッツォ、カヌレなど毎年はやりのスイーツが現れますが、2023年は何がはやるのでしょうか?

編集部が「2023年の夏はコレがはやるのではないか!?」と注目しているのは、爽やかな見た目が夏にぴったりの「錦玉羹」。編集部の実食リポートとともにお届けします。
 

夏に人気の「錦玉羹」3種を編集部で食べ比べ!

そもそも「錦玉羹」、何て読むんだ……? と思った方も多いのでは。「きんぎょくかん」と読むそうです。

錦玉羹は、煮溶かした寒天に砂糖や水あめなどを加えて固めた和菓子です。透明感のある質感を生かして、着色によって水や川、空、夜空などを表現することができ、その爽やかな見た目から夏に多く登場します。

今回は、錦玉羹3種類を編集部で購入し、食べ比べをしてみました。
 
(左)とらや「夏の浜辺」、(真ん中)両口屋是清「沢の翠」、(右)七條甘春堂「京羊羹 天の川」

今回購入したのは、とらやの「夏の浜辺」、両口屋是清の「沢の翠」、七條甘春堂の「京羊羹 天の川」です。箱のデザインからも商品それぞれのコンセプトを感じます。
 

上品な甘さが魅力! とらや「夏の浜辺」

気になる中身を見るべく、とらやの「夏の浜辺」からいざ開封!
 
重厚感のある、上品で美しい色合い

エメラルドグリーン、白、黄色の三層で、とても重厚感のある上品な色合いです。エメラルドグリーンの部分が錦玉羹、真ん中は錦玉羹に道明寺粉を加えた白道明寺羹、1番下は白煉(びゃくれん)羊羹で、小豆があしらわれています。いつまでも心に残る、美しい夏の浜辺を表現しているそうです。
 
美しい夏の浜辺を表現したグラデーションが美しい……

食べてみると、「さすがとらや!」と言わざるを得ない、上品な甘さが口の中に広がります。食感をしっかり楽しめる、固めの錦玉羹と、滑らかさに加え控え目な甘さが際立つ白煉羊羹の相性が抜群です。


>次ページ:和菓子でコレを表現!? あまりの美しさに編集部一同大興奮!
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない