推し活貧乏は避けたい、でもお金は使いたい……物価高の今K-POPファンの平均「推し活費用」はいくら?

ここ最近、無料で楽しめるコンテンツも増えてきたものの、ハマればハマるほどいろいろなことにお金を使いたくなるのがファン心理。推しのK-POPアーティストのライブに行ったりグッズを買ったり……気付いたら「推し活貧乏」なんてパターンも!? 「K-POPの推し活とお金」についてゆるっとトークします。

5万円以内で遊びまくれる韓国は過去の話……

韓国ソウルの様子(※画像はイメージ)
韓国ソウル市内の様子(※画像はイメージ)


ゆりこ:最近、ソウルに行ってきたのですが、航空券だけで5万円かかりました。時期や時間帯にもよりますが、たま~にある「片道700円キャンペーン」みたいな激安チケットを除くと、航空券+宿泊費2泊分を5万円以下で探すのが厳しい時代になっていると思います。
 
矢野:そこにライブのチケット代や現地での飲食代もかかりますよね。せっかく韓国へ行くならグルメや買い物も楽しみたいですし。
 
ゆりこ:ほかの皆さんの予算も知りたくて、先日Twitter上で簡易アンケートを取ってみたんです。2023年の「推し活渡韓」1回あたりいくらお金を使っていますかって。結果、6割の人が5万円〜10万円以内、10万円超の人も2割以上いらっしゃいました。改めて5万円以内で遊びまくれる韓国は過去の話なんだなぁ……と実感しました。
 
矢野:最近LCCもお手頃とは言いにくい価格帯のときもありますもんね……。
 
ゆりこ:そうなると都度安い航空券を探すのも手ですが、お気に入りの航空会社を決めて日々の生活でマイルやポイントを貯め、特典航空券をゲットするのも「推し活財テク」だと思いますね。実はわが家も実践しています。
 
矢野:そういう「推し活財テク」、もっと知りたいですね。あと、自分に合った予算の立て方とか。“好き”な気持ちに任せてパーっと使うこともアリだと思いますが、無理は続かないでしょう。
 
ゆりこ:では次は、もう少し具体的な「推し活費用」の使い方、作り方などついて考えましょうか。私の節約失敗談もお伝えしますね。
 

>:次の記事を読む(#23)
 

【ゆるっとトークをお届けしたのは……】
K-POPゆりこ:韓国芸能&カルチャーについて書いたり喋ったりする「韓国エンタメウォッチャー」。2000年代からK-POPを愛聴するM世代。編集者として働いた後、ソウル生活を経験。

編集担当・矢野:All Aboutでエンタメやメンズファッション記事を担当するZ世代の若手編集者。物心ついた頃からK-POPリスナーなONCE(TWICEファン)。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」