Netflix『離婚しようよ』は単なる離婚ドラマではない! 見たら選挙と結婚に興味が湧くかも?

Netflix(ネットフリックス)で話題のオリジナルドラマ『離婚しようよ』。まだ見ていない人に向けて、作品の魅力を元テレビ局スタッフが徹底解剖します(サムネイル画像出典:『離婚しようよ』Netflix公式Webサイト)。

『離婚しようよ』(画像出典:Netflix公式Webサイト

松坂桃李さん主演で、仲里依紗さんが妻役を務めるNetflix(ネットフリックス)のオリジナルドラマ『離婚しようよ』が人気を集めています。
 

宮藤官九郎さんと大石静さんの共同脚本で制作された本作は、6月22日に全世界で配信されると大きな話題に。「離婚」をテーマにしながらも、悲壮感はなく楽しく見れるコメディ作品として幅広い世代から支持を集めているようです。
 

本記事では、まだ『離婚しようよ』を見ていない人に向けて、元テレビ局スタッフの筆者が魅力を徹底解剖。多くの人に支持されている理由を探っていきます。
 

豪華出演陣が魅せる、圧巻の演技に注目

『離婚しようよ』は、冷めきった1組の夫婦が離婚に向けてさまざまな試練を乗り越えるストーリーです。松坂さんが演じるのは、女にだらしなく育ちは良いものの失言が多いイケメン3世議員の「東海林大志」。仲さんは、その妻である「お嫁さんにしたいナンバーワン女性俳優」の「黒澤ゆい」を演じます。
 

松坂さん、仲さんという演技派の2人が主役となる作品ですが、脇を固めるキャストも豪華です。
 

キーマンは錦戸亮さん演じる「加納恭二」

まず、4年ぶりにドラマ復帰した錦戸亮さんは、離婚の原因にもなる「加納恭二」を熱演。さらに、尾美としのりさん、竹下景子さん、古田新太さん、板谷由夏さん、山本耕史さん、高島礼子さんら、豪華なメンツが勢ぞろい。それぞれの演技が光り、作品に彩りを与えています。
 

特に、自称アーティストであり、普段はパチンコで生計を立てる恭二を演じた錦戸さんの演技が抜群です。恭二は、典型的なダメ男で基本的にはパチンコ屋に入り浸っています。しかし、ミステリアスな雰囲気を醸し出し、目元がセクシーで男性としての魅力が満点。そんな、「生きているのか死んでいるのか分からないような人」を、錦戸さんは見事に表現しています。最終的には、この恭二が物語のキーマンとなるのですが、心の移り変わりや人を愛する難しさを錦戸さんが迫真の演技で見せてくれます。
 

また、宮藤さん脚本の作品ではおなじみの尾美さんも、独特なキャラクターでドラマを盛り上げます。尾美さんは、政治一家の東海林家に仕える秘書の「早乙女五郎」として出演。普段は冷静で温厚ながら、あまりにトラブルを起こす大志に脳内で文句を言い続け、時折、本気でキレる演技が秀逸です。
 

>次ページ:離婚がテーマなのに、いつの間にか物語は意外な顛末(てんまつ)に
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」