ヒナタカの雑食系映画論 第17回

2023年映画は「関係性萌え」がテーマ? コナン×灰原哀に悶絶中の人にも観てほしい“キャラ萌え”作品

『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が超大ヒット上映中です。ここでは同作での人気キャラクター・灰原哀のかわいらしさに良い意味でもん絶している人に向けて、2023年の「この関係性萌えがすごい!」映画5選を紹介します。(c)2023 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

4:『聖闘士星矢 The Beginning』


1985年から連載され、世界中でコアなファンを持つ漫画『聖闘士星矢』(集英社)の、満を持してのハリウッドの実写映画化作品です。特徴的なのは、主人公が異常な事態に翻弄(ほんろう)されたり、壮大すぎたりする設定に対して、「あんたらイカれてんのか?」「分かるように説明してくれ!」などとツッコミを入れる立場であること。ちょっと皮肉っぽいところがありながらも、生き別れの姉を探すことを第一に考えたりもする、感情移入しやすい主人公になっていました。

加えて、とある悩みを持つお嬢様と「恋人にはならないが、互いに強い信頼を得ていく」関係性にもなっています。彼女は、原作ではわがままな嫌われ者の立場でしたが、今回の映画では人当たりが良く、かつ主体的に考える精神的な強さも感じさせるキャラクター。男女が互いに守る守られるだけではない、対等であろうとする関係性は尊く、応援したくなります。

詳しくはネタバレになるので秘密にしておきますが、お嬢様の命を狙う敵との関係は、原作にはない今回の映画オリジナル要素。愛憎入り交じる物語としても工夫が凝らされていました。原作の熱心なファンからはさまざまな改変のために賛否両論を呼ぶかもしれませんが、水準以上の面白さがあるアクション映画として万人におすすめできます。堂々とハリウッド映画で主演を務めた新田真剣佑の格好良さを期待する人には、是が非でも観ていただきたいです。
 

5:『金の国 水の国』


2017年の「このマンガがすごい!」(オンナ編)で第1位を獲得した岩本ナオの同名コミックのアニメ映画化作品です。何より重要なのは、「おっとりした箱入り娘のようで実はたくましい、ぽっちゃり体形のお嬢さん」と「お調子者のようで実は聡明かつ誠実な、長身で三白眼の青年」の2人がとてもかわいいこと。そして「偽りの夫婦を演じるうちに愛が芽生えていく」過程が描かれていることでしょう。

初めは利害が一致しただけにも思える2人が、互いを心配したり、はたまた互いの魅力に気付いたり気付かされたりするのでニヤニヤが止まりません。白眉なのは「夜の橋の上」のシーン。この関係性で考え得る尊さを120%大放出してくれました。こうしたプリンセスもので、ふくよかな女性が描かれることが珍しいですし、だからこそのキュートさもいっぱい。対して真面目な青年の方が、完全にお嬢さんにほれている様子も大好きになれるでしょう。

『金の国 水の国』は現在ほぼ上映が終了していますが、7月12日にBlu-ray&DVD発売が決定しています。また2月の公開当時は、『レジェンド&バタフライ』『金の国 水の国』『タイタニック』と「政略結婚もの」が同時に劇場公開されているシンクロニシティがありました。その後の物語がそれぞれ全然違っていたりもするので、見比べてみるのも良いでしょう。


>次のページ:テレビアニメで描かれる「強い女性キャラクター」と「関係性萌え」


 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」