レス夫に「欲が強いね」と言われ…。31歳女性が『あなたがしてくれなくても』を他人事とは思えないワケ

30代夫婦のレス問題を描いたドラマ『あなたがしてくれなくても』(フジテレビ系)。この作品に共感するアラサー世代が相次いでいる。31歳女性が抱える「レス夫婦」の深刻な悩みについて取材した。

完全に解決するのは難しいのか。「レス気味かも」の段階で対処が必要?

 では、レス問題に直面したとき、どのように向き合えばいいのだろうか。
 
上記の調査結果から考察すると、男性のようにセックスの目的が「性的な快楽のため」であれば、パートナーとレスに陥った場合でも、風俗店などの性的サービスを利用することで、その目的は達成できる可能性がある。
 
一方、相手に「求められる」ことでセックスに応じていた“受け身”な女性がレスに陥った場合、「求められなくなった」状況を解消するためには、パートナーと話し合い、レスを解消していくほかないだろう。
 
筆者が取材をしていく中でも、セックスレス問題を抱えているのは、男性よりも圧倒的に女性が多い。女性のセックスレスの根底には、求められていた相手に”求められなくなった”寂しさ、むなしさなど、性欲とは全く別の複雑な問題をはらんでいる。
 
サチカさんはこう語る。
 
「頑張って夫を誘っても、拒絶されるとますます惨めになるし、今さらセックスについて話しづらい。セックスをしていた頃に、いろいろ話し合っておくべきだった」

コミュニケーションなくしてレスの改善が難しいことはサチカさんも分かっている。だけどレスに陥った場合、“受け身”な女性がパートナーと話し合うのには大きなハードルがあるのだ。

今さらセックスについて話しづらい――この状況がレスを生み出している。

だからこそ、”レスの芽”は早めに摘み取っておく必要がある。完全にレスになる前の「ちょっとレス気味かも」の段階で、パートナーと互いの価値観をすり合わせながら、セックスについて語り合う関係性を構築しておくことが大切なのかもしれない。


>最初から読む


【おすすめ記事】
初デートで「相手がトイレからなかなか帰ってこない」問題、なぜ? “マッチングアプリ時代”の衝撃実態
登録者が急増する「既婚者マッチングアプリ」は不倫の温床に? 利用者に話を聞いた
コロナ禍で不倫は増えた? テレワークプラン「デイユース3000円」で誘われた“黒歴史”不倫のリアル
結婚相手に「子供部屋おじさん」は選べない? 婚活で出会った“自称こどおじ”の36歳男性に誘われて…
婚活に潜む「マルチ商法」の罠。街コンで出会った婚活仲間から“勧誘”された26歳独身女性の実話

【参考】
第16回出生動向基本調査
一般社団法人 日本家族計画協会
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」