慶應義塾大学で「国際競争力が身に付きそうと思う学部」ランキング! 3位「環境情報学部」、2位「総合政策学部」、1位は?

All About編集部は2023年3月9~23日、全国の10~70代の男女279人を対象に、「慶應義塾大学」に関するアンケート調査を実施しました。その結果の中から「国際競争力が身に付きそうと思う学部」ランキングを発表します。

慶應義塾大学

All About編集部は2023年3月9~23日、全国の10~70代の男女279人を対象に、「慶應義塾大学」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「国際競争力が身に付きそうと思う学部」ランキングを発表します。


>10位までのランキング結果を見る
 

第3位:環境情報学部(45票)

第3位は、環境情報学部でした。1990年に湘南藤沢キャンパス(SFC)に開設された学部で、最先端のサイエンスからデザインまで幅広く学べるのが特徴です。「環境と情報の世紀」におけるグローバルリーダーの育成を行っています。

「SDGsなど、環境に目を向けている国は多いので、この分野の知識を身につければ国際競争力が身につきそうだから(20代・静岡県)」「これからの時代に環境問題の知識は国際的に必要だから(40代・新潟県)」「環境は国際的な問題と思うから(70代・東京都)」などの声がありました。
 

第2位:総合政策学部(55票)

第2位は、総合政策学部でした。環境情報学部と同様に、1990年に湘南藤沢キャンパス(SFC)に開設された比較的新しい学部として有名。学問分野の領域を超えて政策を考えられる、問題解決のプロの育成を目指しています。

「国際政治に強そうだから(50代・福岡県)」「高度な知識と課題解決法が身につきそうだから(50代・東京都)」「法律のことや国の政策のことを勉強していれば外国に出て働いても役に立つと思うから(30代・千葉県)」 などの声が寄せられました。

 

第1位:経済学部(79票)

第1位は、経済学部でした。日本最初の経済学部として認知されているため、慶應義塾大学の看板学部との声があります。経済界を筆頭に学界、政界、官界などいろいろな分野で活躍する卒業生を輩出しています。

「国際的な経済問題に対応することができるグローバルな視野を持った経済学者を育成することを目的としており、国際競争力を身につけることができると考えた(50代・大阪府)」「協定先大学が、ヨーロッパからアメリカまで幅広くあるので(60代・東京都)」「慶応の代表的な学部で、国際社会でも認められるような人材が育つと思うから(50代・三重県)」などのコメントが寄せられました。


※コメントは原文ママです


>10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
慶應義塾大学で「高校生に戻れるなら志望したいと思う学部」ランキング! 3位「経済学部」、同率1位は?
慶應義塾大学で「子どもが成長できそうと思う学部」ランキング! 3位「法学部」、2位「経済学部」、1位は?
慶應義塾大学で「自分の子どもに行ってほしいと思う学部」ランキング! 3位「経済学部」、2位「法学部」、1位は?
慶應義塾大学と聞いて「イメージする学部」ランキング! 3位「医学部」、2位「法学部」、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    これで3度目? 「LINE情報流出」問題を時系列順に振り返る。日本人にとっての「重大なリスク」とは何か

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ディズニーやピクサーだけじゃない! 2023年の「すごい海外アニメ映画」7作品を本気で選んでみた

  • 意外と知らないグルメのひみつ

    【何食べ】シロさんのビーフシチュー・サラダ・明太子ディップを作ってみたら、クリスマスに最適すぎた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「義務教育は無償」なはずでは? 保護者から徴収したPTA会費で「学校に物品寄贈」の問題点