世界を知れば日本が見える 第16回

「ChatGPT」は何がすごい? AIが“当たり前”に存在する第一歩となるか

対話型AI「ChatGPT」の登録数が、リリースからわずか2カ月で1億人を突破した。ChatGPTは何が優れているのか? グーグルやマイクロソフトが発表した対話型AIとの違いとは。

ChatGPTの使用を禁じた学校も

こういうことができてしまうので、例えば、米ニューヨーク市の教育委員会が学校でのChatGPTの使用を禁じたというニュースも報じられている。
 

そもそもこれまでも、Google検索やWikipediaなどを使えば、学校の課題などでの調べ物はインターネットが普及する以前よりも断然楽になっていた。しかしChatGPTはそうした情報を文章にまでしてくれるので、教育現場ではやはり歓迎されないのも仕方がないだろう。
 

ただ、今利用できるChatGPTそのものはインターネットにはつながっていない。現時点では2021年までのデータしか学んでいないので、データに不備が起きるのは避けられず、データの制限があるために、とんちんかんな回答や明らかに誤った答えを時に出してくることもある。まだまだ改良の余地がある。

今後も進化が期待されるChatGPT(画像はイメージ)

筆者が思うにChatGPTで今後懸念になりそうなことがあるとすれば、運営企業のOpenAIが、ChatGPTの回答が人種差別的なものにならないようにするといった「検閲」を行っていることだ。もちろんポジティブな意味での制限ということだと思うが、回答に現れる言葉の制限や、そのメカニズムなどが公開されていないので、ひょっとするとユーザーがChatBPTから得る情報が気づかずに偏っている可能性がある。
 

ChatGPTは、同サービスに多額の投資をしている米マイクロソフトの検索エンジン「Bing」に組み込まれ始めており、現在、検索エンジンで世界トップのシェアを誇るグーグルには強力なライバルとなるだろう。
 

一方で、世界でオンラインの検索エンジンを牛耳ってきたグーグルのAI開発状況はどうなっているのか。


>次ページ:グーグルもChatGPTに対抗するAIを開発
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは