ここがヘンだよ、ニッポン企業 第10回

「トヨタイムズで社長人事発表」は豊田章男社長の「メディアへの三行半」

トヨタ自動車は1月26日、社長交代の人事を発表した。同日、自社のYouTube番組「トヨタイムズニュース」で「緊急生配信」を行ったが、それにはワケがあった。

「こんなやり取り聞いちゃうと、トヨタってやっぱり良い会社なんだなって思います」
「なんて素敵な会社なんだ ますます私のトヨタ愛が深まった」

そんな風にSNSで“称賛”されたのはトヨタ自動車の社長交代発表会見だ。
 

1月26日、同社はコーポレートサイトで4月1日付の人事を発表。佐藤恒治執行役員(53)が次期社長に昇格し、これまで長く社長を務めてきた豊田章男氏(66)は会長に就くと発表、そのまま間髪入れず自社のYouTube番組「トヨタイムズニュース」に、豊田氏と佐藤氏らが生出演して「緊急生配信」を行ったのである。
 

自社YouTube番組「トヨタイムズニュース」で行われた「緊急生配信」

この番組終了後、どういうわけか配信は継続。そこでは緊張から解放された豊田氏が笑顔で佐藤氏を「最後、笑顔が欲しかったね」などとイジって、佐藤氏も「ちょっと力入っちゃいました」と照れ笑いをするなど、両者の仲の良さが伝わってくるやりとりが流れた。この“オマケ映像”が視聴者に好印象だったというわけだ。
 

さて、こういう話を聞くと、「さすが世界のトヨタ、オウンドメディアをフル活用して生活者にダイレクトに情報を届ける戦略が素晴らしい」という印象を抱く人も多いだろうが、実はこれはそんなキラキラした話ではない。
 

>次ページ:トヨタが日本のマスコミに対して三行半を突き付けた
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」