恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第63回

相鉄・東急直通線「新横浜駅」お披露目! 2023年3月の開業が待ち遠しい

2023年3月に開業予定の相鉄・東急直通線。完成間際の姿と併せて、直近に発表された概要を紹介する。

2023年3月に予定されている相鉄・東急直通線。その運行計画の概要が、このほど発表された。同路線の要となる新横浜駅が報道陣に公開され、完成間際の姿を見ることができたので、併せてレポートしたい。
 

相鉄・東急直通線とは

相鉄・東急直通線のルートマップ

相鉄・東急直通線は、相鉄本線の西谷駅と東急東横線の日吉駅を結ぶ路線で、西谷~新横浜(6.3km)が相鉄新横浜線、新横浜~日吉(5.8km)が東急新横浜線となる。
 

このうち、相鉄新横浜線の西谷~羽沢横浜国大(2.1km)は2019年11月に開業し、すでに相鉄・JR直通線の列車が走っている。したがって2023年3月に新規開業するのは、羽沢横浜国大~新横浜~日吉(10km)の区間である。
 

相鉄・東急直通線を走る列車の運行ルートおよび所要時間

主な区間の所要時間一覧

列車は、相鉄本線あるいは相鉄いずみ野線から東急線方面への直通運転が原則となる。そして、海老名方面からの相鉄本線から乗り入れる列車は、日吉から東急目黒線を経由して都心方面へ向かう。
 

一方、湘南台始発の相鉄いずみ野線から乗り入れる列車は日吉から東急東横線を経由して都心方面に向かう。列車種別は新横浜駅を境に変わるものがあるが、東急東横線内は急行、東急目黒線内は急行あるいは各停である。
 

相鉄が用意している編成は、東横線に直通するものは20000系10両編成、目黒線に直通するものは21000系8両編成が使用される。もちろん直通する東急や他社の車両も入線する予定だ。
 


>次ページ:平日朝のラッシュ時間帯は1時間当たり11本

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」