恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第62回

明治の古典的SLが東京ベイエリアに! 数奇の運命をたどったSLが一般公開されたワケ

イギリスで生まれ、明治期に活躍したSLが最後の所属先だった西武鉄道から芝浦工業大学に寄贈され、整備された後、東京の湾岸エリアで展示公開されることになった。このSLの過去をしのぶとともに、地域のランドマークとして親しまれることを期待したい。

豊洲(東京都江東区)で展示が始まった403号蒸気機関車

イギリスで生まれ、明治期にわが国で活躍したSL(蒸気機関車)が最後の所属先だった西武鉄道から芝浦工業大学に寄贈され、きれいに整備された後、東京の湾岸エリアである豊洲で展示公開されることになった。数奇の運命をたどったSLが見つけた安住の地で過去をしのぶとともに、地域のランドマークとして親しまれることを期待したい。
 

403号蒸気機関車の生い立ち

歴史的な製造銘板は復元の上、機関車に取り付けられた

403号蒸気機関車は、1886年にイギリスのマンチェスターにあったナスミス・ウィルソン社で製造後、鉄道局(後の国鉄)が輸入した。日本鉄道、房総鉄道(いずれも鉄道国有化後、後の国鉄線となる)で活躍した後、現在の西武鉄道の一部となる川越鉄道に譲渡され、最後は西武多摩川線で第2次世界大戦後の1957年まで活躍した。
 

一時、埼玉県北部を走っていた上武鉄道に貸し出されたが、返却後は、廃車となり、ユネスコ村(所沢市)で保存の後、横瀬車両管理所(西武秩父線)にて長年保管されていた。



>次ページ:西武鉄道から芝浦工業大学へ寄贈


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」