恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第62回

明治の古典的SLが東京ベイエリアに! 数奇の運命をたどったSLが一般公開されたワケ

イギリスで生まれ、明治期に活躍したSLが最後の所属先だった西武鉄道から芝浦工業大学に寄贈され、整備された後、東京の湾岸エリアで展示公開されることになった。このSLの過去をしのぶとともに、地域のランドマークとして親しまれることを期待したい。

豊洲で一般公開

高輪築堤の築石モニュメントも展示されている

11月12日には記念式典を行い、その後、一般公開された。機関車が展示されている土台は、新橋~横浜間の鉄道が開業したとき、海上に線路を敷設するために使われた「高輪築堤」の築石を利用している。
 

これは近年、再開発工事のときに発掘されたものの一部で、港区教育委員会(東京都)とJR東日本から寄付されたものだ。403号機関車が高輪築堤の上を走ったかどうか定かではないけれど、築堤が現役であった時代に403号機関車も国内を走っていたので、違和感は全くなく、往時の姿に想いを馳せることができるであろう。
 

汽笛と走行音を発する秀逸な演出

単なる展示にとどまらず、403号機関車は汽笛を鳴らし、走行音を発してあたかも動いているような演出を行う。音源は、博物館明治村の協力の下、403号機と同時期に活躍し、今なお動態保存されている蒸気機関車9号の汽笛と走行音を採音加工し使っている。
 

1日2回、12時と17時に現地で耳にすることができるのだ。また、運転台を月曜から土曜までの9~17時に公開している(休日および学校の休業日は休みとなる)。
 


403号蒸気機関車は歴史的にも貴重な鉄道遺産である。末永く保存できるよう、見学するときもそのことを考えて大切に扱いたいものだ。

校地とはいえ、気楽に見学できる位置に展示されている

展示場所は、芝浦工業大学附属中学高等学校校地だが、誰でも気楽に見学できるように校庭のフェンス外で公開されている。ゆりかもめの新豊洲駅近くで、東京メトロ有楽町線豊洲駅から歩いても数分の位置にある。
 

資料提供=西武鉄道、学校法人 芝浦工業大学


【おすすめ記事】
JR九州で活躍中“現役最古”の人気SLが引退を表明、修復作業の困難さが理由
静かに消えていったJR「フルムーンパス」 40年以上の歴史に幕
西九州新幹線「かもめ」全4編成が勢ぞろい! 最初で最後のレアショットを公開
「相鉄・東急直通線」レール締結式を挙行 2023年春開業予定
JR九州の新しい観光列車「ふたつ星4047」試乗レポート! 武雄温泉と長崎の間をゆったり楽しむ


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」